ホーム>2011年6月

2011年6月

今日景徳鎮から届いた茶器、今回は茶杯中心

届いたばかりの景徳鎮茶器たちを紹介します。

今回は、ほとんどが茶杯です。
どれも素晴らしいものばかり。

後日個別に載せますが、まずはざっとご紹介。
 

2011_0627_1.JPG

2011_0627_2.JPG

郎紅高足杯(画像左の紅い杯) 価格:1個7,000円(在庫5個)
色釉薬 宝石藍小杯(画像左から2番目の藍色の杯) 価格:1個5,000円(在庫5個)
孔雀緑小杯(画像なし/宝石藍小杯と同じ大きさ) 価格:5,000円(在庫1個)
黄釉折腰杯(画像右の黄色の杯) 価格:1個5,000円(在庫2個)


 

2011_0627_3.JPG

豆彩刻辺杯(画像左) 価格:5,000円(在庫1個)
青花紅彩刻辺杯(画像左から2個目) 価格:5,000円(在庫1個)
豆彩刻辺小杯(画像左から3個目) 価格:1個5,000円(在庫3個)
洋金加彩龍鳳図杯(画像右) 価格:1個4,000円(在庫3個)
【石炭窯の時代の本景徳鎮。今はない土。婚礼用に焼かれたもので一昔前のレアもの。】
吉州窯建水(茶こぼし)(画像奥) 価格:12,000円(在庫1個)

2011_0627_4.JPG

 

2011_06270014_R.JPG

青花十二花神杯
【康熙青花12花卉纹杯とも言われる康熙年間に作られた名品の倣古。
十二カ月の月ごとに花や木が描かれ、裏面に詩が書かれています。】

2011_0627_6.JPG2011_0627_7.JPG

2011_0627_8.JPG

2011_0627_9.JPG

昨日新しく届いた景徳鎮磁器です。

昨日、新しく景徳鎮からの荷物が届きました。
今回の作品は、大物もあります。

素三彩天馬図碗、素三彩龍文暗刻花鳥碗、浮彫黄釉三足盆はかなり大きいものです。
鉢としてお使いいただくことも出来る大きさです。
レプリカですが、偽物を目的としていない作品で、
なかなかお目にかかれないレベルのものです。

また後日個別に画像をご紹介しますが、とりあえず今回届いた作品の画像です。
【画像をクリックすると画像は荒いですが大きい画面になります】

素三彩天馬図碗(下の画像左)、素三彩龍文暗刻花鳥碗(下の画像右) 価格:各50,000円

2011_0625_2.JPG

吉州窯花鳥文酒瓶 価格:15,000円、紅彩獅子図蓋碗 価格:1個15,000円、
青花金魚図壺 価格:6,800円

2011_0625_1.JPG

浮彫黄釉三足盆(一番右) 価格:40,000円

2011_0625_3.JPG

青花唐草平杯2個セット(2柄有り) 価格:10,000円

2011_0625_4.JPG

青花釉薬里紅花鳥杯2個セット 価格:6,000円

2011_0625_5.JPG

7月の日曜茶会の予定

「景徳鎮の緑茶を景徳鎮磁器で」
【7月3日,7月10日,7月17日,7月24日】
ご参加の方には新着景徳鎮茶器を10%OFF

 

7月の日曜茶会は続々と届いている景徳鎮の茶器をご紹介がてら、
景徳鎮の今年の新茶の緑茶をお試しいただきます。
景徳鎮は17世紀頃からヨーロッパ、日本が憧れた磁器の産地です。
もちろん、もっと以前から焼き物の産地として発展してきた場所で、
17世紀頃から特に世界に注目されてきました。
迎茶は景徳鎮の磁器に特化したお店として、茶器に限らず色々なものをご紹介していきます。
お茶会にご参加頂いた方には新着茶器を10%offで販売いたします。
お茶は景徳鎮の今年の新茶の緑茶3種類と、
去年の緑茶も落ち着いていて美味しいので2種類お試しいただきます。

もちろん中国茶は初めてという方でも煎れ方などご説明しながらお楽しみ頂きますので
お気軽にご参加下さい。
 

ご参加希望の方はこちらから
ご参加ご希望の日とお名前を明記の上、またはお電話にてご予約ください。

 

日 時:7月3日,7月10日,7月17日,7月24日 各11:00〜12:30
参加費:2,000円(税込)[カード決済不可]
定 員:6名

メールアドレス:info@ge-cha.com
電話番号:03-5754-1785
 

小雅窯の茶壷の販売をしばらく休止いたします。

常々ご紹介してきた小雅窯の茶器の価格高騰の件ですが、
ますます中国本土では価格が高騰してきています。
特に当店でご紹介している小雅の特級品は、
ますます一般の方には手に入らなくなっているのが実情です。


これまで日本向けは小雅製品の中でも特級品をご用意してまいりましたが、
材料の枯渇、人件費の高騰などいろいろな理由で、
特級品の生産量はますます少なく、中国本土での需要は高まるばかりの状況です。


そんな中、日本に細々とながら作品を送って頂いていたのですが、
今後、特に茶壷につきましてはご予算でのご予約が無い限り
(大変な需要のため品薄で一期一会でデザインを選ぶのはほとんど不可能、
出来た順に予約待ちです)
ほとんど送っていただくことが出来なくなりました。
送って頂けた場合は、価格は今までの倍以上になります。


つきましては、現在ネットショップで販売しております茶壷に付きましても
価格の改定を致しますのでしばらく販売を休止させて頂きます

価格を改定後にまたご紹介できると思いますが、まだ未定です。


茶杯につきましては、今後もしばらくは新作も入荷できる予定です。
価格は以前のものより値上がりしますが、その分素晴らしい作品が届く予定です。
現在、工場で日本に送ってもらう作品を選定中ですので、楽しみにお待ちくださいね。


変化の激しい中国市場の事情による価格の改定は
今後も避けることは出来ないと思いますが、
なにとぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

今回届いた景徳鎮茶器のご紹介-3

引き続き景徳鎮の茶器をご紹介いたします。

青花(染付)の手描きの品です。
景徳鎮の手描き、轆轤引きの作品は、
材料や人件費の高騰、景徳鎮の手作り作品の需要の高まりによって
今後は価格も高騰していくことが予想されています。
青花(染付)の作品は、色絵よりも技術的に難しいものですので、
価格的にはより高くなっていく傾向にあります。
次にご紹介する作品はこの価格帯ではご紹介できない可能性が高いですので、
ご興味のある方は、ぜひ早めにご検討くださいね。

【画像をクリックすると大きい画面になります】
 

2011_06_23_1.JPG2011_06_23_2.JPG「青花唐子図茶壷」価格:8,800円


2011_06_23_3.JPG2011_06_23_4.JPG「青花獅子図茶壷」価格:9,800円



2011_06210047_R.JPG
2011_06_23_6.JPG「青花唐子図蓋碗」価格:8,800円
 

今回届いた景徳鎮茶器のご紹介-2

引き続き、景徳鎮の茶器をご紹介します。

今日ご紹介するのは、宝石紅で吉祥模様を描いた茶器です。
大変美しく、上品な作品たちです。

地紋のように見えるのも盛り上げ絵の具で手書きで描かれた文様。
宝石紅で描かれた吉祥柄も細かく素晴らしい筆遣いです。
このレベルの手描きの作品がこの価格帯でご提供できるのは、人件費の安い今だからこそです。
今後中国の人件費が上がっていくと、この価格ではご提供できなくなる作品です。

素材ももちろん景徳鎮の土を轆轤引きにしたものを、しっかりと焼き上げてあり、
お茶の味を濁さない茶器です。

【画像をクリックすると少し大きい画面になります】

2011_06_21_1.JPG2011_06_21_2.JPG「宝石紅仙鶴図蓋碗」価格:21,000円

2011_06_21_3.JPG2011_06_21_4.JPG「宝石紅三果図小蓋碗」価格:15,000円

2011_06_21_5.JPG

2011_06_21_6.JPG「宝石紅八宝図大杯」価格:10,000円(在庫2個)

2011_06_21_7.JPG2011_06_21_8.JPG

「宝石紅仙鶴碁笥底杯」価格:9,000円(在庫2個)
 

今回届いた景徳鎮茶器のご紹介-1

今回は、かなりたくさん届いていますので、
何回かに分けてご紹介します。

先日ご紹介した写真では、
それぞれのデザインなどがわかりにくかったと思いますので、
1点ずつの写真で紹介していきますね。

【画像をクリックすると少し大きい画面になります】

豆彩連枝文大杯2個セット.JPG豆彩連枝文大杯2個セット-2.JPG
「豆彩連枝文大杯2個セット」価格:58,000円

 



豆彩三果文大杯2個セット.JPG豆彩三果文大杯2個セット-2.JPG「豆彩三果文大杯2個セット」価格:35,000円

 


豆彩蓮池図杯2個セット.JPG豆彩蓮池図杯2個セット-2.JPG「豆彩蓮池図杯2個セット」価格:21,000円

 


豆彩三果図杯2個セット.JPG豆彩三果図杯2個セット-2.JPG「豆彩三果図杯2個セット」価格:16,000円

景徳鎮の色絵の茶器もいろいろ届いています!

昨日は、青花(染付)の茶器をご紹介しましたが、
今日は、色絵の茶器をご紹介します。
この画像もとりあえずのものですので、後日詳しい画像と説明、価格をお知らせしますね。

ご来店が可能な方はぜひお店で実物をご覧ください。
手触り、持ったときの重さ、絶妙な色合いなど、
写真ではなかなかお伝えできないもの感じて頂けると思います。

【画像をクリックすると少し大きい画面になります】

下の2点の画像は宝石紅の蓋碗、大杯など一連の作品。
地模様のある白磁に宝石紅で細かい手描きの吉祥柄が描かれた凝った作品たちです。
価格は、小蓋碗が15,000円、大蓋碗が21,000円、大杯が9,000円から10,000円くらいです。
(三果図の大蓋碗は売り切れました)

2011_06_18_1.JPG

2011_06_18_2.JPG下の2点の画像は、豆彩の大杯2種。直径が9.5センチほどの大きな杯です。
三果大杯(左)は2個セットで35,000円、連枝文大杯(右)は2個セットで58,000円です。

2011_06_18_3.JPG

2011_06_18_4.JPG下の画像は、豆彩の茶杯2種。
蓮池図杯(左)は2個セットで21,000円、三果図杯(右)は2個セットで16,000円です。

2011_06_18_5.JPG

下の画像の黒い杯は、吉州窯黒釉碗で、価格は12,000円。
深い藍の色釉杯は3個あって1個5,000円です。[SOLD OUT]

2011_06_18_6.JPG

下の画像の茶杯は工夫茶用で直径5センチ、高さ2.5センチほどのとても小さなかわいい杯です。
価格は、2個セットで8,000円です。

2011_06_18_7.JPG

茶器のほかにも、景徳鎮の新茶が入荷しています。
緑茶2種と極上の祁門紅茶がありますので、こちらも後日ご紹介しますね。

景徳鎮から茶器が届きました!

お待たせいたしました!
景徳鎮から茶器が届きました。

今回は茶杯がたくさん届いています。
ちょっとわかりにくい写真で申し訳ありませんが、
とりあえず届いた作品を画像でお見せしますね。

今日の分は、ほとんど青花(染付)の品。
すべて手描きで轆轤引きの品で、とてもきれいなものです。
価格は、後日詳しくお知らせしますが、
染付の小茶杯は2個セットで3000円から6000円の間の価格です。
染付の茶壷と蓋碗はそれぞれ1万円前後の価格になります。
茶海は、それぞれ6000円くらいです。
2011_06_17_1.JPG2011_06_17_2.JPG

2011_06_17_3.JPG下の茶杯3個は、小雅ではないのですが、
小雅の工場長や外事部長さんも絵付けの出来の良さをほめている作品です。
特に一番下の少し大きめの金魚図の杯(H38mm×φ90mm)は、素晴らしいもの。
小雅の外事部長さんが個人的に欲しいといっているくらいおススメの品です。
価格は、花鳥図の茶杯は2個セットで48,000円[SOLD OUT]、金魚図杯は1個45,000円[SOLD OUT]です。

2011_06_17_4.JPG

2011_06_17_5.JPG2011_06_17_6.JPG2011_06_17_7.JPGもう一箱届いていて、そちらは色絵の素晴らしい杯がたくさんあります。
そちらの写真は明日アップします。

景徳鎮磁器-蓋碗のこと

IMG_3590.JPG

中国の緑茶を飲むための器が、蓋碗という茶器です。
蓋と碗と茶托の3点セット。
中国茶の世界では、急須代わりに使うこともありますね。
本来は、緑茶をすすり飲みするための茶器で、昔はもっと大降りだったようです。
今でも、大振りのものがあります。
下の画像の魚の蓋碗は大きめで昔ながらのサイズに近いですね。

双魚蓋碗表.jpg

中国茶は熱湯を使うので、やけどの危険もありますから、
急須代わりに使うのはあまりおススメいたしません。
茶葉を少量入れて、ゆったりと茶葉の開くのを楽しんで頂くのが、蓋碗本来の楽しみ方です。
緑茶だけでなく、台湾の烏龍茶や中国紅茶なども、
すすって飲む使い方で美味しく飲むことが出来ます。