ホーム>景徳鎮茶器>景徳鎮磁器-蓋碗のこと
景徳鎮茶器

景徳鎮磁器-蓋碗のこと

IMG_3590.JPG

中国の緑茶を飲むための器が、蓋碗という茶器です。
蓋と碗と茶托の3点セット。
中国茶の世界では、急須代わりに使うこともありますね。
本来は、緑茶をすすり飲みするための茶器で、昔はもっと大降りだったようです。
今でも、大振りのものがあります。
下の画像の魚の蓋碗は大きめで昔ながらのサイズに近いですね。

双魚蓋碗表.jpg

中国茶は熱湯を使うので、やけどの危険もありますから、
急須代わりに使うのはあまりおススメいたしません。
茶葉を少量入れて、ゆったりと茶葉の開くのを楽しんで頂くのが、蓋碗本来の楽しみ方です。
緑茶だけでなく、台湾の烏龍茶や中国紅茶なども、
すすって飲む使い方で美味しく飲むことが出来ます。