ホーム>2011年7月

2011年7月

紅彩獅子図蓋碗の画像[SOLD OUT]

この商品はSOLD OUT致しました。ありがとうございます。

 

先ほどネットショップにアップした紅彩獅子図蓋碗の画像です。

なにしろ迫力があります。繊細にしてダイナミックな絵付けは見ていて飽きません。

素材も景徳鎮の土を使った上等のもの、轆轤削りから後の工程はすべて手作業です。

丁寧に作られていて、フォルムも美しい。

アップの獅子の迫力と愛嬌のある表情をお楽しみください。

 

【画像をクリックすると大きい画面になります】

 

前面に迫力の獅子図が描かれています。

紅彩獅子図蓋碗-1.JPG

紅彩獅子図蓋碗-2.JPG

上から見たところ。

紅彩獅子図蓋碗-3.JPG

すごく細かく、しかもしっかりと描かれています。

紅彩獅子図蓋碗-4.JPG

こわい顔だけどちょっとユーモラス。

紅彩獅子図蓋碗-5.JPG

蓋の絵付けのアップです。この獅子の顔の部分は1センチ角くらいなんですよ。

紅彩獅子図蓋碗-6.JPG

茶托の絵付けはシンプルです。でも、筆遣いはさすが。

紅彩獅子図蓋碗-7.JPG

10周年謝恩セール第3弾[終了致しました]

このセールは終了致しました。

…………………………

今回は夏のセールも兼ねて、景徳鎮茶器のセール「10周年謝恩セール第3弾」として開催いたします。

今回のセールでは、景徳鎮茶器を10%から20%OFFでセールいたします。

ブログでも、商品説明でもご説明しておりますが、

迎茶では、今では生産量もとても少なくなっている本景徳鎮の土を使った手作り、手描きの作品を

現地から直送でかなりお求め安い価格で紹介しております。

小雅の外事部長さんがプロの眼で厳選した素晴らしい作品たちです。

その品々がいつも以上にお買い得になっておりますので、この機会にぜひご利用ください。

セール品は順次アップしていきます。

期間中、セール商品が入れ替わりますので、ご了承ください。

(2週間くらいで変更する予定です。変更するときにブログでお知らせします。)

 

また、お知らせしていました寄付・義援金につきましては、引き続き継続しております。

セールの売り上げの中から、まとめて寄付する予定ですので、

詳しくはまたブログでお知らせいたします。

 

<中国茶房迎茶 オープン10周年記念謝恩セール第3弾 概要>

セール期間:2011年7月25日~8月20日(途中で商品が入れ替わります)

セール対象商品:景徳鎮茶器
 

階段の短冊を夏の風物詩に変えました。

2011_0724.JPG階段の短冊を夏の風物詩に変えました。

描かれているのは、蚊取り線香と団扇。

まさに、夏!という感じです。

蚊取り線香がお仏壇のお線香のような形ですが、

昔はこの形の蚊取り線香だったようです。

すぐに燃え尽きてしまうので、不便だったため、

近年になって今の渦巻き型の蚊取り線香になったとか。

まっすぐな蚊取り線香も風情がありますね。

8月の日曜茶会の予定

「中国・台湾の紅茶を味わう」
【8月7日,8月14日,8月21日】

 

中国の紅茶は、祁門紅茶が有名ですが、ほかにもいろいろと種類があります。

今回は、祁門紅茶の極上のものや、金駿眉という最近中国で人気の紅茶を中心に、

正山小種(ラプサンスーチョン)、台湾の紅茶などいろいろとお飲みいただき、

それぞれの味や香りの違いをお楽しみいただきます。

もちろん中国茶は初めてという方でも煎れ方などご説明しながらお楽しみ頂きますので

お気軽にご参加下さい。
 

ご参加希望の方はこちらから

ご参加ご希望の日とお名前を明記の上お申し込みください。

またはお電話にてご予約ください。

 

日 時:8月7日,8月14日,8月21日  各11:00〜12:30

参加費:2,000円(税込)[カード決済不可]

定 員:6名

メールアドレス:info@ge-cha.com
電話番号:03-5754-1785

郎紅高足杯は景徳鎮のプロが注目

この商品はSOLD OUT致しました。ありがとうございます。

 

ネットショップで紹介している色釉薬郎紅高足杯

何度もご紹介していますが、景徳鎮で作り手のプロが買っているとのこと。

こぞって「これは良い作品だ」と玄人の人たちが注目して買いあさっているとか。

それほど、総手工の素晴らしい作品は作るのが難しいことをプロの人は知っているんですね。

それほどの作品でこの価格は、本当におススメです。

色釉薬郎紅高足杯-1.JPG

手工芸(手作り)にもいろいろあります

景徳鎮の茶器で、よく手描き、手作りという説明があります。

手工芸というのですが、これがいろいろなのです。

造形は型押しで作って、絵だけ手描きというものもありますし、

最初の工程は型押しで、轆轤で削って形を整えて、手描きというものも多いですね。

今では、すべて手作りの総手工のものは、景徳鎮磁器全体の生産量の1%にも満たないそうです。

そういう品を探すのも、当然大変なわけです。

知識と経験、確かな審美眼がなければ探すことが出来ません。

ありがたいことに、迎茶に送って頂いている景徳鎮の作品はその数少ない総手工のものがとても多いのです。

それは、現地で小雅外事部長さんが確かなものを足を棒にして探してくださっているからです。

これからは、オリジナルデザインの総手工の作品も届いてきます。

ネットショップの商品説明に総手工と書いてあるものは、こういうとても希少な品です。

画像ではなかなかお分かりいただけないかもしれません。

一度お手に取っていただけると、本物の総手工の素晴らしさを体感して頂けると思います。

ご興味のある方でご来店が可能な方は、ぜひ店頭で手にとってその違いを経験してみてくださいね。

 

おススメの総手工品、色釉薬郎紅高足杯[SOLD OUT]

釉薬の色の深さとずっしりとした重さ、肌触りが素晴らしい作品。

 

【画像をクリックすると大きくなります】

色釉薬郎紅高足杯-1.JPG

絵付けの素晴らしい倣古の茶杯3種類[SOLD OUT]

先ほどネットショップに載せた3種類の茶杯は、どれも倣古タイプの小さな茶杯です。

特にご覧いただきたいのが、その絵付け。

腕の良い絵付師による手描きの絵付けで、使っている絵の具も高級なもので、他とは一味違っています。

また後日、絵付けのアップ画像を追加しますが、このブログで大きめの画像で絵付けの素晴らしさをご覧ください。

 

【画像をクリックすると大きい画面になります】

豆彩刻辺杯[SOLD OUT]

豆彩刻辺杯-1.JPG

 

青花紅彩刻辺杯[SOLD OUT]

青花紅彩刻辺杯-1.JPG

青花紅彩刻辺杯-2.JPG

 

豆彩刻辺折腰小杯[SOLD OUT]

豆彩刻辺小杯-1.JPG豆彩刻辺小杯-2.JPG

総手作りの色釉薬の杯[SOLD OUT]

先ほど色釉薬の杯を4種類ネットショップにアップしました。

深い紅色が美しい郎紅高足杯[SOLD OUT]

濃い藍色が魅力的な宝石藍小杯[SOLD OUT]、、

緑色が孔雀の羽を思わせる孔雀緑小杯[SOLD OUT]

艶やかな黄色とフォルムが美しい黄釉折腰杯 [SOLD OUT] 

どれも、すべて手作りという総手工芸の素晴らしい作品です。

今では景徳鎮の磁器の総生産量の1%くらいしかないといわれる総手工芸の作品。

こういったものを紹介できるのも、審美眼に優れ、景徳鎮を深く理解している小雅外事部長さんが選んでくださるおかげです。

そして、こういった手作りの凄い作品をこのくらいの価格でご紹介できるのも今のうちだけでしょう。

景徳鎮の手作り作品が中国で注目を集めていること、人件費、材料費が日々値上がりしていることなど

日本では考えられないほど、景徳鎮磁器の高級品は価格が変動しているそうです。

 

色釉薬の杯は、写真に撮るのが難しくて、画像では実物の深みのある色がほとんどお伝えできていません。

ご来店が可能なお客様は、ぜひご来店になって、お手にとってご覧ください。

総手工芸ならではの重み、手触り、色の深みがご理解いただけると思います。

ご来店いただけないお客様でご興味のある方は、本当に素晴らしい作品ですので、

信頼してお買い上げいただければ幸いです。

本当におススメの作品たちです。

ノスタルジックな洋金加彩龍鳳図杯[SOLD OUT]

先ほどネットショップにアップした洋金加彩龍鳳図杯。

商品説明でも書きましたが、セミアンティークの茶杯で、今ではまず手に入らないもの。

たまたま小雅外事部長さんが旧国営工場に勤めていた人のおうちから見つけてきてくださったものです。

金彩は洋金で時代を経て剥げてきていますし、柄もキッチュな感じですが、硬く焼きしまった重量感は素晴らしいです。

昔はこんな贅沢に本景徳鎮の土を使っていたんですね。

古きよき(かどうかはわかりませんが)時代を感じることのできる貴重な茶杯です。

ご興味のある方で、ご来店できる方はぜひ手に取っていただきたい一品です。

2011_0712.JPG

 

浮彫黄釉三足盆の画像

先ほどネットショップにアップした浮彫黄釉三足盆の画像を載せます。

大きめの画像でご覧頂くと、その肌合いの味わいがお分かりいただけると思います。

落ち着いた釉薬で重厚な雰囲気ですが、新しいものです。

届いたときから、私もとても気に入っている作品です。

どんな風に使うかを考えるのも楽しいですね。

ちょこんと付いている三足もかわいらしいんです。

ぜひご覧ください。

【画像をクリックすると大きい画面になります】

浮彫黄釉三足盆-1.JPG浮彫黄釉三足盆-2.JPG浮彫黄釉三足盆-3.JPG浮彫黄釉三足盆-4.JPG浮彫黄釉三足盆-5.JPG