ホーム>2012年4月

2012年4月

鳥の絵付けが可愛い「全手工倣民国花鳥図茶壷」[SOLD OUT]

ネットショップに載せた「全手工倣民国花鳥図茶壷」の画像をご紹介します。

 

少し大きめの茶壷は全手工で手描きの作品。

ツガイで描かれた鳥がつぶらな瞳でかわいい絵付けです。

入れ口が大きいので、茶葉が入れやすい使いやすい茶壷です。

また、お茶の味をにごさず、まろやかに煎れることが出来ます。

日常お使いいただくのにオススメの品です。

 


【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】
 
2012_03290001_R.JPG2012_03290002_R.JPG2012_03290007_R.JPG2012_03290005_R.JPG2012_03290003_R.JPG

落ち着いた古典的絵付けが魅力「老料雍正様式花卉寿山石図大杯B」

ネットショップに載せた「老料雍正様式花卉寿山石図大杯B」の画像をご紹介します。

 

「老料雍正様式花卉寿山石図大杯A」と同じデザイン、絵付けですが、手描きですので微妙に違います。

見比べていただくと、面白いと思います。

落ち着いた雰囲気で厚手の大きめの杯ですので、普段にお使いいただくのにオススメです。

 

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】
2012_0405kaisekihaiB_1.jpg2012_0405kaisekihaiB_2.jpg2012_0405kaisekihaiB_3.jpg2012_0405kaisekihaiB_4.jpg2012_04050079_R.JPG2012_04050074_R.JPG2012_04050075_R.JPG2012_04050076_R.JPG

この胎は絶版、貴重な「老料雍正様式花卉寿山石図大杯A」

ネットショップに載せた「老料雍正様式花卉寿山石図大杯A」の画像をご紹介します。

 

この刻みのある胎は、すでに絶版になったもので、貴重な作品です。

石炭窯で作られた重厚な胎に、老料で寿山石と花を描いた古典的な絵付け。

雍正様式とは、清の雍正帝の時代の様式のことです。

落ち着いた雰囲気と丈夫な出来上がりですので、普段使いにしていただくのに最適です。

 

 

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

2012_0405kaisekihaiA_1.jpg2012_0405kaisekihaiA_2.jpg2012_0405kaisekihaiA_3.jpg2012_0405kaisekihaiA_4.jpg2012_04050078_R.JPG2012_04050070_R.JPG2012_04050071_R.JPG2012_04050072_R.JPG

めでたくて豪華な「老料蟠桃図小杯B」

ネットショップに載せた「老料蟠桃図小杯B」の画像を紹介します。

 

「老料蟠桃図小杯A」と同じ絵付けの杯ですが、手描きですので微妙に違います。

古典的な絵付けの技法で描かれた可愛い杯です。

 

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

2012_0405momoshohaiB_1.jpg2012_0405momoshohaiB_2.jpg2012_0405momoshohaiB_3.jpg2012_0405momoshohaiB_4.jpg2012_04050124_R.JPG2012_04050125_R.JPG2012_04050127_R.JPG2012_04050135_R.JPG

小さな桃源郷「老料蟠桃図小杯A」

ネットショップに載せた「老料蟠桃図小杯A」の画像を紹介します。

小さな杯に桃と蝙蝠(コウモリ)、しぶきを上げる波を描いてあります。

金彩も施された、贅沢な絵付けです。

紅い蝙蝠に点々と金彩で模様がついています。

 

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

2012_0405momoshohaiA_1.jpg2012_0405momoshohaiA_2.jpg2012_0405momoshohaiA_3.jpg2012_0405momoshohaiA_4.jpg2012_04050133_R.JPG2012_04050115_R.JPG2012_04050116_R.JPG2012_04050118_R.JPG

古典の香る「道光様式老料連年有余図杯」

ネットショップに載せた「道光様式老料連年有余図杯」の画像をアップします。

19世紀半ば、清の八代道光帝時代の様式で作られた華やかな杯です。

魚の代表鯉が蓮の花に戯れる図は、「連年有余」という吉祥図。

年々余裕があるという中国で大変好まれている図案です。

色とりどりで華やかでありながら、古典的な重厚な雰囲気があります。

特に、胎は総手工で作られ、石炭窯あるいは柴窯で焼かれた大変貴重なもの。

しっとりとした光沢で現代のものとは思えない古典の味わいをかもし出しています。

 

「道光様式老料連年有余図杯」

 


【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】
2012_0414sakanaha_2.jpg2012_0414sakanaha_3.jpg2012_0414sakanaha_4.jpg2012_0414sakanahai_1.jpg2012_03290062_R.JPG2012_03290063_R.JPG2012_03290064_R.JPG2012_03290060_R.JPG2012_03290061_R.JPG2012_03290065_R.JPG2012_03290066_R.JPG2012_03290067_R.JPG

古典の技を駆使した「雍正様式老料粉彩西藏七尊八寳杯」

ネットショップで紹介しました「雍正様式老料粉彩西藏七尊八寳杯」の画像です。

18世紀の雍正帝の頃の様式。

老料で描いた粉彩は、描いては焼くという作業を何度も繰り返した大変に手の込んだものです。

もしろん、胎は総手工で、石炭窯で焼いた古色あふれる重厚な雰囲気。

筆舌に尽くしがたい素晴らしい作品です。

 

「雍正様式老料粉彩西藏七尊八寳杯」

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】
 
2012_03290076_R.JPG
2012_03290077_R.JPG2012_03290078_R.JPG2012_03290079_R.JPG2012_03290068_R.JPG2012_03290069_R.JPG2012_03290070_R.JPG2012_03290071_R.JPG2012_03290072_R.JPG2012_03290074_R.JPG2012_03290075_R.JPG

気品あふれる「老料粉彩四季花卉図中皿」[SOLD OUT]

ネットショップに載せた「老料粉彩四季花卉図中皿」の画像をアップします。


【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

2012_04120025_R.JPG

2012_04120026_R.JPG2012_04120027_R.JPG2012_04120028_R.JPG2012_04120029_R.JPG2012_04120031_R.JPG2012_04120030_R.JPG

桜満開ですね

今年は4月になっても寒い日が続きましたが、

桜は満開になっていますね。

今度の水曜日はまた爆弾低気圧が来る予報みたいなので、

そろそろ見納めになるんでしょうか。

ちょっと残念だけど、また来年。

近所の今日の桜です。きれい。

s-005.jpg

こちらは庭の花桃。満開で綺麗だったので記念に。

春はお花が色々楽しめて楽しいですね♪

s-004.jpg

「老料柴窯花鳥図杯」は売り切れました。

今回入荷した品は、今まで以上に希少価値の高い作品が多くて人気が高いため、

ネットショップに載せる前に売り切れてしまう品がいくつもあります。

今回の目玉商品の一つ、「老料柴窯花鳥図杯」もネットショップに載せる前に2つとも売り切れてしまいました。

せめて画像だけでも皆様にご紹介します。

今後入荷するかどうかは未定です。

胎もフォルムも絵付けも素晴らしい奇跡のような作品です。

 


【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

「老料柴窯花鳥図杯A」

2012_04050001_R.JPG2012_04050003_R.JPG2012_04050004_R.JPG2012_04050005_R.JPG2012_04050009_R.JPG

2012_04050007_R.JPG

2012_04050008_R.JPG

 

「老料柴窯花鳥図杯B」

2012_04050014_R.JPG2012_04050015_R.JPG2012_04050016_R.JPG2012_04050017_R.JPG2012_04050018_R.JPG

2012_04050011_R.JPG

 

2012_04050012_R.JPG2012_04050013_R.JPG