ホーム>2013年1月

2013年1月

新春特別セール「老料粉彩仙桃図大杯B」

新春特別セールでご紹介している「老料粉彩仙桃図大杯B」の画像です。

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

IMG_6885_R.JPG

長寿のシンボルで邪気を払う霊力があるとされている桃と、新年を告げる花、水仙が描かれた大きめの杯。

老料という昔ながらの天然の鉱石顔料を使って、繊細な筆使いで描かれた美しい絵付けです。

新春の清々しさが香り立つようです。

凛とした中に、愛らしさもある絵付けが楽しい杯です。

すっとしたフォルムも素晴らしいですね。

IMG_6872_R.JPGIMG_6873_R.JPGIMG_6874_R.JPGIMG_6875_R.JPG

「老料粉彩仙桃図大杯B」のショップページはこちらです。

   

新春特別セール「老料粉彩芦雁図碁笥底大杯B」

今日から新春特別セールでご紹介している「老料粉彩芦雁図碁笥底大杯B」の画像です。

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

IMG_6879_R.JPG

同じデザイン絵付けで2個あって手描きですので微妙に違いがあるため、別々に紹介しています。

一つ前のブログでご紹介した「老料粉彩芦雁図碁笥底大杯A」の絵付けと比べてみるのも面白いです。

同じでありながら、ほんとに微妙に違うのがわかっていただけると思います。

手描きの醍醐味ですね。

IMG_6863_R.JPGIMG_6864_R.JPGIMG_6865_R.JPGIMG_6866_R.JPGIMG_6883_R.JPG

新春特別セール「老料粉彩芦雁図碁笥底大杯A」

今日から新春特別セールでご紹介している「老料粉彩芦雁図碁笥底大杯A」の画像です。

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

IMG_6876_R.JPG

大きめの碁笥底の杯に描かれているのは、「平沙落雁図」といわれる芦野で雁が戯れる図です。

一幅の絵画を描いたような芸術的な作品です。

胴から垂直にまっすぐに立った直口(すぐくち)は作るのがとても難しい形、もちろん全手工(総手作り)です。

老料は、昔ながらの天然の鉱石顔料のことで、

今では作ることのできない顔料もあって、大変に貴重な絵の具です。

その貴重な絵の具を使って、中国古典技法を駆使した絵付けが描かれています。IMG_6859_R.JPGIMG_6860_R.JPGIMG_6861_R.JPGIMG_6862_R.JPGIMG_6882_R.JPG

新春特別セールを開催しています

IMG_6880_R.JPG

老料で絵付けを施した貴重な杯を、旧暦のお正月に因んで新春特別セール致します。

今後ますます手に入りにくくなっていくと予想される全手工で作られ老料で古典的な絵付けを施した美しい杯です。

ぜひ、この機会にご覧ください。

新春特別セールはこちらをクリック。

2013年2月末日をもって喫茶営業を終了いたします。

日頃はご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 

さて、突然のお知らせとなってしまい恐縮ですが、

当店「中国茶房迎茶」は、2013年2月末日をもって喫茶営業を終了し、

3月末日をもって販売を含む店舗営業をすべて終了いたします。

そして、4月からは、ご好評をいただいていた茶器類などの

ネットショップに特化する形で営業をつづけてまいります。

 

当店は2001年に中国茶カフェとしてオープンし、

その後2005年ごろより、本格的に小雅窯の茶器を取り扱うようになり、

今日では、老料柴窯の全手工の作品に代表される景徳鎮磁器の最高級倣古作品などもご紹介できるようになりました。

おかげさまにて、これまでいずれもご好評を賜ってまいりましたが、

近年の、国内外における景徳鎮関連の品々への評価と需要の高まりに対応し、

より販売に力を注ぐために、ひじょうに名残惜しくはありますが、

喫茶店としての営業は終了することにいたしました。

約12年間、皆様のご愛顧をいただき、ほんとうに感謝いたしております。

カフェとして当店をご愛顧くださいました皆様におかれましては、

本当に心苦しいのですが、なにとぞ、ご了承いただければと存じます。

 

そして、今後は、ネットショップを中心とした販売・通販により力を入れ、

いま以上に素晴らしい景徳鎮磁器の作品をご紹介して参ります。

また、デパートなどの展示販売も予定しておりますので、

新たな場所で、新たな形で「迎茶」としてお目見えできる機会もあるかと存じます。

その際は、お気軽にお声などおかけいただければ幸いです。

 

今後ならびに店舗営業終了後の予定は、ブログやツイッターで随時お知らせして参りますので、

中国茶房迎茶Twitterアカウントhttps://twitter.com/ge_cha

もしよければ、ブログと上のアカウントをチェックしていただければとおもいます。

 

それでは、今後とも、迎茶をご愛顧くださいますよう、よろしくお願いいたします。

今後の営業、販売などについてご質問などがございましたら、

お問い合せフォームからメールにてお問い合わせください。

景徳鎮磁器、入荷第二弾です。

IMG_6704_R.JPG

今回の目玉は、仙女図杯【ご売約済み】李白図杯

薪窯で全手工、老料を使った粉彩で手描きした杯です。

新しい品ですが、まるで清の時代から持ってきたような作品。

まさに、手のひらに載る芸術品です。

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

IMG_6706_R.JPG

人気の金魚茶壷もあと2個だけ入荷しました。

茶壷は他にも幾つか入荷しましたので、順次ネットショップに載せていきます。

小さな青花の茶杯と民窯風の杯は、

アウトレットですので店頭のみの販売になります。

 

それぞれ詳しくはまた後日画像とともにアップします。

気になる品がありましたら、お問い合せフォームからお問い合わせください。

新入荷の十二花神杯は薪窯の作品です

昨日入荷をお知らせした十二花神杯ですが、

「薪窯」作品である説明を昨日のブログにも追加しました。

 

全手工老料の作品も希少なものですが、

それ以上に薪窯で焼いた作品は市場に出回りません。

中国では薪窯は政府に禁止されています。

それでも、昨今の薪窯作品の人気は高く、隠れて細々と作られているのです。

目立たないよう奥地で高い薪を燃料に、しかも効率の悪い窯で焼くため歩留まりが悪く、

完品で出来上がってくる作品は、大変貴重なものになります。

現在中国では、薪窯で焼いた陶芸作品の人気が高く、

これも隠れてですが薪窯の芸術作品が次々と作られています。

これが続きますと、中国政府が環境保護の観点から厳しく取り締まるようになるでしょう。

そうなると、中国での薪窯作品は今以上に入手が困難になります。

 

ただ、希少性が高いだけでなく、薪窯の作品は使い心地も素晴らしいのです。

なめらかな手触り、お茶の味が柔らかくなる特性もあります。

全手工薪窯の作品を購入されたお客様のほとんどが、

使い心地が良くて日常に使っているとおっしゃっています。

良い器を使うと生活の質も高くなると喜ばれています。

 

素晴らしい薪窯の肌合いをぜひ店頭でご確認ください。

IMG_6647_R.JPG

 

 

全手工老料薪窯の十二花神杯、2セット入荷しました。

全手工老料薪窯の十二花神杯が景徳鎮から入荷しました!

「薪窯」作品です。言葉が抜けていたので説明に追加しました。)

画像をアップしますので、ぜひご覧ください。

今回は2セット、私蔵している十二花神杯に劣らない素晴らしい作品が

外事部長さんのお陰で奇跡的に手に入りましたが、

今後このレベルの作品は出来上がってこないでしょう。

それ以前に、薪窯で焼いた全手工老料の十二花神杯の完品を手に入れることが極めて困難です。

画像では、その素晴らしさの何割もお伝えできなくて残念です。

ご来店可能な方は、ぜひ店頭でご覧下さいね。

この2セットは販売いたしますので、ご興味のある方はお問い合わせください。

 

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

IMG_6644_R.JPG

画像は1セット分のみです。もう1セットあります。

IMG_6649_R.JPG

1月「水仙」と2月「迎春花」。

 

IMG_6654_R.JPG

3月「桃花」と4月「牡丹」。

 

IMG_6653_R.JPG

5月「海石榴」と6月「荷花」。

IMG_6650_R.JPG

7月「蘭花」と8月「桂花」。

 

IMG_6651_R.JPG

9月「菊花」と10月「芙蓉花」。

 

IMG_6652_R.JPG

11月「月季花」と12月「梅花」。