ホーム>Honghai blue&gold(鴻海)>丸山珈琲のゲイシャ珈琲を龍のデミタスで
Honghai blue&gold(鴻海)

丸山珈琲のゲイシャ珈琲を龍のデミタスで

20145615951.JPGもともと、コーヒーが飲めないので中国茶のお店にしたくらい、

コーヒーが苦手で、苦手というよりもほとんど飲めなかったのでした。

そんな私が、Honghai blue&goldのカップ&ソーサーを使うようになって、

コーヒーの美味しさが少しわかるようになった気がしています。

Honghai blue&goldで飲むと、私が一番苦手な強い苦味が柔らかくなって、

口当たりがまろやかに、甘みも増すように感じます。

最近では、コーヒー専門店で粉を買って自分で煎れてみたりもしています。

 

お友達から教えていただいた、「ゲイシャ珈琲」。

今、注目されているプレミアムコーヒーの種類だそうです。

色々なコーヒー専門店で扱われているようですが、

尾山台の丸山珈琲で見つけたので、

Honghai blue&goldの龍のデミタスで入れてみました。

 

丸山珈琲でもらった銘柄の案内に説明がありました。

ふむふむ、グランクリュ(特級畑)シリーズですね。

「パナマ・ママ・カタ・ゲイシャ・フーリーウォッシュト」という名前です。

丸山珈琲さんのオフィシャルブログによると、

ゲイシャ種はエチオピアが起源の野生種なんですって。

説明に「チェリー、アップル、レモンの風味」とありますが、

ちょっとわからなかったです。。。でも、爽やかな甘い香りは感じました~^^。

「シルクを思わせる滑らかな質感」、これはわかります。

Honghai blue&goldのおかげでより滑らかに感じてるかな。

 

ちょっと濃くはいってしまったためか、

本来のフルーティーな香りがちゃんと感じられなかったのが残念です。

他のコーヒーも煎れて飲んでみたいと思っています。

コーヒーに関しては、飲めるようになったばかりでわからないことが多いのですが、

また珈琲屋さんで美味しいコーヒーを教えていただいたら、ブログでご紹介しますね。

Honghai blue&goldのカップ&ソーサーで飲むと

そのコーヒーの本当の味わいがわかるように感じます。

ご興味のある方は、こちらのネットショップページをご覧下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お試し頂くのはコーヒーではなく、台湾烏龍茶ですが、

5月15日(木)、6月1日(日)は景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催。

今回は奇古堂の台湾烏龍茶を景徳鎮茶器で楽しむ会です。詳しくはこちらのブログをご覧ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ge-cha.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/100