ホーム>お知らせ

お知らせ

絵付け(チャイナペインティング)まとめ

2014.08.01 絵付け5作品目、朝顔と小花⑥

2014.07.01 絵付け5作品目、朝顔と小花⑤

2014.06.04 絵付け5作品目、朝顔と小花④

2014.05.21 チャイナペインティング‐5作品目、朝顔と小花③

2014.05.08 チャイナペインティング-5作品目、朝顔と小花②

2014.04.30 チャイナペインティング-5作品目、朝顔と小花①  

2014.04.15 チャイナペインティング-4作品目、水仙と小花のプレート後半

2014.04.14 チャイナペインティング-4作品目、水仙と小花のプレート前半

2013.12.03 チャイナペインティング-3作品目、チューリップのカップ&ソーサー

2013.09.11 チャイナペインティング-2作品目、完成間近

2013.06.20 チャイナペインティング-最初の完成作品

2013.05.22 チャイナペインティング-ローズボールを描きました。

2013.04.21 チャイナペインティングを習い始めました

迎茶のブログ、リニューアル中です。

いつもご覧いただいて、ありがとうございます。

現在、ブログの部分をリニューアル中で、左サイドのバナーは

「現在準備中」になっていますので、ご覧いただくことが出来ません。

新しい記事はホームページの上の部分の迎茶ブログをクリックするとご覧いただけます。

 

今は、上の部分が現在のブログにリンクされているのですが、

今後ブログは、三つにわかれます。

 

まずは、商品紹介のブログ。

これは、今、おすすめ商品の上の部分で「準備中」になっています。

ここで、迎茶の景徳鎮の商品について新旧おりまぜてご紹介していきます。

 

もうひとつは、現在ブログ更新情報になっている部分の上で「準備中」になっています。

ここでは、迎茶のオフィシャルブログとして、様々な情報をお知らせしていく予定です。

 

もうひとつは、店主のブログ。

これは、店主の個人ブログとして、

美味しいお店や日々のことをつれづれに書いていきます。

 

また、今までのブログは過去ブログとしてご覧いただけます。

 

新しいサイトは、近日中にお披露目いたします。

そのときにまたブログで、ツイッターでお知らせしますね。

皆さまによりご利用いただきやすくなるように、いろいろな情報を載せていきますので、

今後も迎茶のサイトをお楽しみください。

 

5月15日のワークショップ

20145171735.JPG

5月15日のワークショップは、奇古堂のお茶を景徳鎮の茶器で楽しんでいただきました。

奇古堂イチオシの凍頂烏龍茶や、希少な大禹嶺は、

まずは奇古堂の小さいオリジナル茶壺で煎れて、

オリジナルの聞香杯と茶杯でお飲みいただきました。

その後、同じ茶葉を景徳鎮の金魚の茶壺で煎れて。

オリジナルの茶壺で煎れると、味と香りが凝縮された感じがします。

聞香杯と茶杯を使うのも楽しいですね。

景徳鎮の茶壺と茶杯でもそれぞれお楽しみいただきました。

それぞれ味わいは違いますが、どれも美味しい。

奇古堂のオリジナルの茶器は小さくて日常的に使うのはちょっと手がかかります。

その点、景徳鎮の茶器ならたっぷり楽しめますね。

最後に、奇古堂の東方美人をHonghai blue&goldの大きいポットで煎れて、

Honghaiのカップ&ソーサーでゆったりと。

 

次のワークショップは、同じ内容で6月1日に開催します。

今日の時点であと1名様はお席のご用意が出来ます。

ご興味のある方はぜひご参加くださいね。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

 

景徳鎮磁器の価格をほんの少し値下げとAmazonに出品のお知らせ

いつもご愛顧ありがとうございます。

景徳鎮磁器の価格が一円単位になっていましたが、

ほんの少しですが価格を下げて、一円単位の端数が出ないようにしました。

少しのことですが、お知らせしますね。

 

先日から、Amazonにも出品しています。

まだ、金彩青花薔薇雀図紅茶ポットのみですが、少しづつ出品していきます。

出品しましたら、またお知らせしますのでご覧くださいね。

 

 

 

品物の価格・お送り先による送料変更のお知らせ

日頃は迎茶をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

さて、まことに急な話で恐縮なのですが、

2014年5月より、送料に関するサービスを一部変更させていただきます。

 

まず第一に、お買い上げ価格による送料変更のお知らせです。

こちらは2014年5月から、8万円以上お買い上げいただきました場合に、

送料を無料にさせていただきます。

 

続いて、お送りいたします地域による送料変更のお知らせです。

こちらは、今までは全国一律の送料でしたが、

こちらも2014年5月から、一部地域の送料を変更させていただきます。

変更後の送料は、以下のとおりとなります。

 

北海道1080円

中国地方(鳥取、島根、岡山、広島、山口)860円

四国970円

九州1080円

沖縄1180円

その他の地域は、今までと同じ650円です。

 

お送り先の地域によっては、送料が従来より高くなってしまう場合もございますが、

なにとぞどうが、ご容赦いただければと存じます。

 

なお、上記内容につきまして不明点・疑問点などございましたら、

お気軽にメールフォームからお問い合わせください。

 

今後とも、迎茶をよろしくお願いいたします。

景徳鎮で全手工、手描きの磁器を探すのは

2014425155152.jpeg以前景徳鎮に磁器を探しに行きたいとおっしゃるお客様からメールでお問い合わせがあり、

分かる範囲での情報をお伝えしておりました。

そのお客様から、先日景徳鎮に行かれた時のご報告のメールを頂きました。

お問い合わせの時に、景徳鎮にいらっしゃっても

全手工で手描きの品は買えないようですよとお知らせしていたのですが、

やはり、お店で売っている品は大量生産のものでほとんどがプリントもの、

手描きの商品があっても素材は型抜きの胎で全手工の作品は探せなかったとのことでした。

時々、器がお好きで景徳鎮に探しに行ったお客様が情報を教えてくださるのですが、

皆さま口々にプリントものの大量生産の商品しかなかったとおっしゃいます。

 

迎茶で扱っている景徳鎮の小雅の作品、倣古作品、Honghai blue&goldの作品は、

小雅外事部長がすべて厳選した作品です。

小雅外事部長がこのような他では見ることも出来ないようなハイエンドの作品をご紹介できるのは、

言葉ができる、中国文化に精通しているなどの理由だけでなく、

小雅の工場長と20年以上の家族ぐるみの親交があるからです。

小雅といえば、すでに中国では最高級磁器のメーカーとして大変有名です。

その小雅の工場長と家族ぐるみで親しいという信用もあって、

小雅外事部長のもとには他の人が探そうと思っても探せないような倣古作品が集まってきます。

また、Honghai blue&goldの作品は、

20年以上にわたって景徳鎮の磁器に関わった

小雅外事部長の経験を活かしてプロデュースされたものです。

 

ようするに、迎茶で取り扱っている景徳鎮の全手工の作品たちは、

景徳鎮の路面店や旅行で探していくことのできるメーカーに売っている商品ではなく、

現地の最高級磁器を作っているメーカーのオーナー達と長年の深い親交があって

現地社会から受け入れられ、経営まで関わることの出来る状況で作り上げられているものなのです。

 

景徳鎮は発展途中の地方都市で、古い歴史もありますので、

観光で行かれるにはとても魅力的な場所だと思います。

ただ、芸術的な全手工、手描きの作品を探しに行かれても、

おそらくまず見つからないと思いますので、ご参考にしていただければと思います。

 

私は残念ながらまだ景徳鎮には行ったことがないのですが、

近いうちにぜひ一度行ってみたいとも思っています。

その時には、また旅行記を書きますね^^。

ちなみに、上の写真は小雅外事部長が撮った2年ほど前の景徳鎮の風景です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月15日(木)、6月1日(日)は景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催。

今回は奇古堂の台湾烏龍茶を景徳鎮茶器で楽しむ会です。詳しくはこちらのブログをご覧ください。

5月15日,6月1日は奇古堂の烏龍茶を景徳鎮茶器で味わうワークショップ

2014412153429.jpg次のワークショップのお知らせです。

次回のワークショップでは、奇古堂の台湾烏龍茶を景徳鎮の茶器でお楽しみいただきます。

台北の奇古堂は、沈甫翰先生が厳選した台湾烏龍茶を独自の飲み方で紹介している有名なお店です。

奇古堂の台湾烏龍茶は、一人1gで美味しく飲めるお茶。

可愛らしい小さなオリジナル茶壺もありますので、そちらを使った飲み方もご紹介します。

せっかくの美味しい台湾烏龍茶ですから、ぜひ景徳鎮の茶器でもお試しいただきたいと思います。

奇古堂の沈先生一番のオススメ、凍頂烏龍茶をはじめ、

2013年春の品評会で二等賞を取った文山包種茶

人気の高い東方美人、年月を経てよりまろやかになった木柵鉄観音

奇古堂人気の台湾烏龍茶の中から3種類をお楽しみいただきます。

奇古堂の台湾烏龍茶も楽しめて、景徳鎮茶器もお試しいただける、

一回で二度美味しいワークショップですので、この機会にぜひご参加ください。

 

奇古堂の台湾烏龍茶を景徳鎮茶器で楽しむ会

参加費:お一人様 2,000円(税込)

日時:5月15日(木)14:00~15:30 定員:6名

    6月 1日(日)14:00~15:30 定員:6名

場所:自由が丘サクラボロー2階

 

お問い合わせ、お申し込みはこちらからどうぞ。

お申し込みの際には、ご希望の日とご参加の人数をお知らせください。

フェイスブックはじめました!

裏方担当のTです。

 

いきなりですが、サイトリニューアルの見どころ第一弾のご紹介をさせていただきたいと思います。

 

まず、フェイスブックをはじめました! ばんざーい!

迎茶フェイスブックページ:https://www.facebook.com/pages/%E8%BF%8E%E8%8C%B6/1490996361124662

 

さらにさらに、いまご覧いただいているこの記事の最下部を見ていただきますと、

Twitterボタンにくわえ、はてなブックマーク、グーグルプラス、フェイスブックのボタンが追加されております。すごい!

 

……すごい! とか書いちゃいましたけど、すみません、わたくし、あまりすごさがわかっていません……。

ああ、裏方として言っちゃいけないこと言っちゃった。いちおうIT担当(?)でもあるのに。

 

いえ、グーグルプラスもフェイスブックも私個人としてはわりと長いことやってはいるのですが、

いまだに、どうやって活用すればいいのかあまりわかっていないのです。

もちろん、法人(商用)ページであれば、また違った使い方があるのだろうとは思いますが、

私が今までやってきたのはあくまで個人向けのほうなので、

いまのところ、正直言ってさっぱりわかりません。どう活用すればいいのでしょう。

Twitterはけっこうわかっているつもりではあるんですが、

その他の新しいSNSに関してはぶっちゃけmixiと利点の面でどう違うのかもあまりわからないのです……。

 

とはいえ、裏方がこんな弱音を吐いていてはどうにもならないので

頑張って勉強したいと思います。

いろんな人に知っていただくには、いろんなチャネルがあったほうがいいのは間違いないですものね!

 

でも、いまはちょっとまだ他のリニューアル関係作業が山積しているので

(サイト作りなおせば終了! というわけにはなかなかいかないものでして……とほほ)

まずはそれらをやっつけてからですね。やっつけるぞー。

 

……ただ、まぁ、これも言っちゃあいかんことかもしれないのですけど、

フェイスブックって、どのくらい見てもらえるものなんですかね……?

い、いや、それを調べて考えて実行するのが、私の仕事なんですけど!

しかしながら……慣れぬものというのはどうしても不安になるものでして、

そのあたりも克服しつつ、なにかよい活用法・つきあいかたを模索していければと思います。

 

う、うーむ、なんだかリニューアル完了前より忙しくなってきた気がするぞ。

が、がんばります……。

再度、4月からの消費税対応変更についてお知らせします。

日頃は当店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

今日から4月となりました。桜も満開、春爛漫ですね。

かねてよりお知らせしておりました、

消費税アップに伴う対応変更については、すでに変更させていただいております。

何度ものお知らせで恐縮ですが、迎茶取扱商品の消費税対応変更について

再度、同じ内容をお知らせいたします。

今後ともご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回は、なかなか申し上げにくい内容なのですが、

取り扱い商品の価格変更についてのご報告をさせていただきます。

 

まずは奇古堂さんから、茶葉や茶器の価格の変更のお知らせが届きました。

奇古堂の商品を扱わせていただいて11年ほどになりますが、

その間、価格の変更があったのは、消費税が内税表記が義務付けられたころの一度だけで、

それ以降、10年近く同じ価格で販売させていただいておりました。

しかしながら、この度いろいろな事情によって価格も変更にせねばならなくなり、

消費税についても、内税から外税に取り扱いを変更にするとの連絡をうけました。

これに伴い、恐れ入りますが、

当店での取り扱い価格も変更させていただかなければならない状況となりました。

奇古堂さんではすでに2014年1月からの価格改訂になっておりますが、

当店では4月1日から価格改訂をさせていただきます。

 

2013年冬の新茶は、すでに新価格でのご紹介をしております。

それ以前の、現在在庫のある商品につきましては、3月末日までは旧価格で販売いたします。

4月からは、奇古堂のすべての商品につきまして、

新しい商品価格に消費税8%を加えた新価格に変更させていただきますので、

申し訳ございませんが、ご理解くださいますようお願い申しあげます。

 

また、その他の商品につきましても、4月の消費税アップにともないまして、

内税から外税に変更させていただきます。

また、これまで消費税の扱いにつきましては商品価格に転嫁しない形で販売してまいりましたが、

8%への消費税アップに際し、現時点の在庫に関しましては、

従来の5%分を現行どおり商品価格の範囲内で吸収させていただく形となります。

しかし、新たにアップする3%分につきましては、

誠に申し訳ございませんが、商品価格に上乗せする形の改訂とさせていただきます。

また、消費税改定後の新規入荷分からは、まことに恐れながら、

8%を上乗せした外税価格での販売とさせていただきます。

 

お客様各位におかれましては、

事実上の値上げのご案内となってしまい、本当に申し訳ないのですが、

税制改正によるやむにやまれぬ対処ということで

なにとぞ、ご容赦いただければと存じます。

 

このようなご連絡となってしまいまことに恐縮ですが、

どうか、今後とも迎茶をよろしくお願いいたします。

3月29日のワークショップご報告と4月10日のお知らせ

2014331161520.JPG3月29日のワークショップ、様々なブランドのカップ&ソーサーを使って

紅茶の飲み比べを楽しく体験していただきました。

お飲みいただいた紅茶は、インドのブレンド紅茶と台湾の紅玉紅茶、中国の金駿眉です。

それぞれのカップで微妙に味わいが違って面白かったです。

同じロイヤルコペンハーゲンのものでも、ラインが違うと味も違います。

おそらく、使っている素材が価格帯によっても違うんではないでしょうか。

磁器のカップはデザインや絵付けが違うだけで、

飲み物の味は違わないと思っていらっしゃる方が多いと思いますが、

ぜひ一度体験していただくと面白いと思います。

 

写真のカップに入っているのは、最後に余興で煎れたインドのチャイです。

お客様が西葛西のインド村で買ってきてくださいました。

インスタントなのですが、スパイスの効いた本場仕様でとても美味しかったんです。

これがまたストレートの紅茶の時とまた違った味わいの違いがあって、

それぞれのブランドの特徴がより多面的に確認できてとても面白かったです。

 

この紅茶の飲み比べにご興味のある方は、

4月10日(木)に同じ内容でワークショップを開催しますのでぜひご参加くださいね。

お飲みいただく紅茶は、台湾で人気の高い紅玉の手摘み紅茶、

中国本土で希少な紅茶として人気の金駿眉、

岩茶の茶葉をラプサンスーチョン(松の枝で燻焙した紅茶)にした珍しい正山紅茶の3種類です。

お菓子は、雪が谷大塚のシュクレリナードさんのガトーバスクをご用意いたします。

 

いろいろなカップ&ソーサーを楽しむ会-紅茶編-

参加費:お一人様 2,500円(お菓子付)

日時:4月10日(木)14時30分~16時 定員:6名

場所:自由が丘サクラボロー

 

お問い合わせ、お申し込みはこちらからどうぞ。

お申し込みの際には、ご希望の日とご参加の人数をお知らせください。