ホーム>お知らせ>雑誌などでの紹介情報

雑誌などでの紹介情報

新刊「中国茶の教科書」

IMG_6613_R.JPG

「中国茶の教科書」という本が誠文堂新光社から出版されました。

中国茶が買えるお店として、迎茶もご紹介していただいています。

北京東方国芸国際茶文化交流中心という北京にある中国茶スクールが監修しているそうです。

中国本土のお茶を中心にかなりの数のお茶を紹介してあります。

コラムでは今の中国のお茶事情が書いてあって面白いですね。

写真が綺麗なので、眺めるだけでも楽しい本です。

 

「中国茶の教科書」

著者:今間智子

発行所:誠文堂新光社

価格:1,400円

東急沿線のフリーマガジン「サルース[SALUS]」に載りました

東急沿線のフリーマガジン「サルース」の2012年4月号(3月20日発行)に迎茶が載っています。

「沿線でおいしい中国茶を愉しむ」というページです。

s-2012_03200001.jpgs-2012_03200002.jpg

 

おかげ様で、今日はたくさんのご来店をいただきました。

本当にありがとうございます。

左手が不自由なこともあって、おまたせしてしまったお客様には本当に申し訳ございません。

 

東急沿線で冊子を見かけましたら、ぜひご覧になってくださいね。

ご来店をお待ち致しております。

OCNメルマガ「ネットの手帖」11月号「"中国茶"の魅力特集」

本日発行のNTTコミュニケーションズ株式会社OCNのメルマガ「ネットの手帖」11月号の情報提供と監修をさせて頂きました。

すでに発行されているので、メルマガを見てこのHPを見に来てくださった方も多くいらっしゃいます。

今後も引き続きご覧いただけると幸いです。

 

ネットの手帖11月号は「"中国茶"の魅力特集」。

 

お茶の入れかたのコツのところに使われているのは、今月のプレゼントにもなっている「青花吉祥文茶器8点セット」です。

この茶器セットは完品はあと1セットのみ販売しています。

12月15日までのセール対象品で、現在20%OFFのお買い得品です。[SOLD OUT]

 

「目でも楽しめる茶器」のコーナーの「倣古本金彩色絵秋草文蓋碗」はとても美しい蓋碗です。

ブログでもより大きな画像で細かくご覧いただけます。→こちらをクリック

 

真ん中の「総手工菊花図茶壷」は非売品。

近いうちにブログでご紹介します。

 

右の「青花金魚図中山杯」は総手工のマグカップ。

素材から厳選し高温で焼き上げた肌触りの良さと優しい絵付け。

使い始めると手放せなくなるマグカップです。

 

ネットの手帖11月号はこちらからご覧いただけます。

「ちい散歩」奥沢の回、再放送決定

テレビ朝日さんからご連絡があって、

2010年1月に放映された「ちい散歩」奥沢の回が再放送されるとのことです。

奥沢の回放送分の詳細はこちらから御覧ください。

再放送の日時は、11月18日(金)9:55からです

この時、地井さんに飲んでいただいたのは、鴨翔単叢(おうしょうたんそう)でした。

甘い香りと深い味わいに驚いてくださったのを覚えています。

残り少なくなってきた茶葉ですので、販売は終了していますが、

喫茶で飲んでいただくことは出来ますので、

ご興味のある方は、お早めにお試しくださいね。

 

鴨翔単叢(おうしょうたんそう) 1,890(ポットサービスで、お湯のおかわり自由)

d0082972_1673776.jpg

迎茶の茶器が紹介されたムック「中国茶の基本」が発売されました。

s-2011_10290001.jpg

10月27日に発売された「中国茶の基本」

表紙はこんな感じ。

お洒落で読み応えのあるムック本です。

最近中国茶に関する本があまり出ていなかったので、

これを機にまた中国茶に関心ある方が増えてくださると嬉しいです。

迎茶の景徳鎮茶器が載っているのは、このあたり。

前のブログに掲載された中国茶器をご紹介していますので、ご興味のある方はご覧下さいね。→こちらをクリック

s-2011_10290003.jpg

10月27日発売の「中国茶の基本」に載ります。

エイ出版から10月27日に発売される「中国茶の基本」というムック本に、

迎茶の中国茶器が掲載されます。

景徳鎮の総手作りの茶器を中心に紹介して頂いています。

面白そうな本ですので、ぜひご覧いただければと思います。

(下の本の題名をクリックするとAmazonのページに飛びます。)

 

中国茶の基本 [大型本]

出版社: エイ出版社

価 格 :1,260円

発売日: 2011/10/27

 

この本に載せて頂いた茶器は下記の8点です。

08202251_4e4fbbec9e963.jpg青花金魚図茶壷[SOLD OUT]

かわいい形と素材の良さが際立つ迎茶イチオシの茶壷です。

この茶壷とおそろいの絵付けの茶杯と蓋碗もあります[いずれもSOLD OUT]

 

 

 

 

09051532_4e646d0523207.jpg色釉薬茶壷A[SOLD OUT]

作家ものの茶壷ですが、お求めやすいお値段です。

同じ作家の色違い、形違いもあります。

(色釉薬茶壷C、色釉薬茶壷D)[いずれもSOLD OUT]

 

 

 

09031555_4e61cf65c83a5.jpg倣古本金彩色絵秋草文蓋碗[SOLD OUT]

古色のある素地と古典的な厚みのある絵付けが素晴らしい蓋碗です。

 

 

 

 

 

09121708_4e6dbdea37f72.jpg粉彩柘榴図杯[SOLD OUT]

丁寧な絵付けが人気の茶杯です。

同じ工房の南天の実を描いた茶壷と茶杯のセットもあります。[いずれもSOLD OUT]

 

 

 

 

09121701_4e6dbc4f4e27a.jpg粉彩花卉図杯[SOLD OUT]

上品な色絵の杯です。上の柘榴の杯と同じ大きさと形です。

同じ工房の四君子の絵付けの茶杯セットもあります。[SOLD OUT]

 

 

 

 

09172028_4e748443be886.jpg橄欖緑釉碁笥底杯[SOLD OUT]

他にも形の違う色釉薬郎紅の杯や、色釉薬宝石藍の杯もあります。[いずれもSOLD OUT]

どれも総手工で作られた杯なのですが、このお値段でこの品質のものは

今後手に入りにくくなるため、お求めいただくなら今がオススメです。

 

 

 

 

05051844_4dc27190cec05.jpg小雅窯青花山水図杯[SOLD OUT]

小雅窯の茶杯をこの価格でご紹介できるのはこの杯で最後になります。

小雅窯の茶杯では、ぜひ景徳鎮の緑茶をお飲みいただきたいですね。

 

 

 

 

07111826_4e1ac1b3b45a4.jpg浮彫黄釉三足盆

素三彩の碗もいいですよー。

 

 

 

 

 

これらの他にも、迎茶では小雅窯景徳鎮の作品を多数取り揃えておりますので、

もしよろしければ、この機会にぜひいろいろとご覧いただければと思います。