ホーム>景徳鎮小雅窯

景徳鎮小雅窯

現代の官窯「小雅窯」-磁土へのこだわり【追加の説明】

昨日のブログでご説明した小雅の磁土へのこだわり。

少し説明不足な部分があったので、追加します。

例えば、ということで

「鉱山から景徳鎮までの道端を丹念に探して集めた鉱石をコレクションしている」

ということを書いたのですが、これはただ鉱石を集めたということではありません。

カオリン鉱山から旧官窯までの昔の街道を人海戦術でくまなく探し、

こぼれたものや何らかの理由で廃棄されたものを集めて時代別に選別しているのです。

様々な時代の鉱石の手に入る最後のものを囲って、小雅の最高級ラインでは今でも使われています。

また、これ以外にも政府や研究の関連で採掘されたものなど出てくるとすべて買い込んでいるそうです。

鉱山の採掘は昔の手掘りの坑道が網の目のようで危険なこともあり禁止されていますが、

鉱脈は存在していて上記のように特別に採掘されることもありますし、同じレベルの質の鉱脈もありますので、

小雅窯では、最高級ラインの企画制作には古い鉱石オリジナルを使い、

通常生産ラインには近いレベルのものと古いものを混用して制作しています。

現在も、数は少ないですが、そうした最高級素材を使った作品も、小雅では作られています。

今と同じ生産量で大切に使っていけば、今後10年は最高級ラインを作り続けるだけの量は確保してあるそうです。

 

現在細々とご紹介している小雅窯の作品も、昨日のブログでも書きましたが、

本景徳鎮の高級磁土を使った、小雅工場長と外事部長が厳選した作品です。

他では手に入らないレベルの作品ですので、

ご紹介できるのは2点だけですが、ぜひご覧ください。

 

小雅の作品はこちらからご覧いただけます。

現代の官窯「小雅窯」-磁土へのこだわり

12月15日(日)自由が丘サクラボローで、迎茶でご紹介している景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催します。ご興味のある方はぜひご参加ください。

詳しくはこちらのブログをご覧ください。

……………………………………………………………………………………………………………………………

「小雅窯」について、改めてご説明をしておきます。

今は、販売できる作品は2点のみ。大変に手に入りにくい工房の作品です。

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

IMG_3731_R.JPG

小雅春思図柘榴茶壺

小雅の作品の一番の特徴、こだわりは、その磁土にあります。

清の時代の官窯に匹敵する磁土を使い続けている唯一無二の工房なのです。

小雅の磁土に対するこだわりは、

例えば鉱山から景徳鎮までの道端を丹念に探して集めた鉱石をコレクションしていることからもうかがえます。

以前迎茶では、そうした鉱石を使った元の時代の胎の茶器をご紹介したこともあります。

様々な時代の鉱石を研究しつくして、

清の官窯で使われているような本物の景徳鎮土を使った作品が小雅窯の茶器です。

そういった本物の景徳鎮土は、もう無いと伝えられていますが、実は今でも存在しています。

もちろん、大変に高価で希少なもので、他のメーカーでは購入すらままならないものです。

小雅窯では、こうした磁土を以前から買い集め、ストックしているので、

いまだにこうした最高級の磁土を使った作品を作り続けることができるのです。

今後は、新しい鉱脈の磁土でこれまで以上に清王朝の官窯の土に近いものを使った

真に、現代の官窯いえる作品が作られていくでしょう。

 

小雅の作品は、北京などで日本円で2,3万円で購入できる茶杯なども販売されています。

偽物も多いのですが、正真正銘の小雅窯の商品もあります。

そうした茶器は、小雅の中でも高級工芸品、あくまでも日用雑貨、食器の扱いです。

迎茶でご紹介している小雅窯の芸術的な作品とは全く違うカテゴリーの品になります。

迎茶でご紹介している小雅作品は、

景徳鎮の磁器の歴史を知り尽くした小雅工場長と、

初期小雅からデザインを担当し、景徳鎮内で小雅にその人ありと言われる外事部長が

厳選に厳選を重ねた芸術作品、美術品です。

それでなくても数少ない作品の中から、選び抜いた作品が届いています。

こうした美術品としての小雅作品は、

ほとんど世にでることなく高級官僚や中国のセレブの方々の手に渡りコレクションされています。

下手な骨董品を手に取るくらいなら、小雅の茶壺、茶杯で優雅にお茶を飲みながら、

その磁土の素晴らしさと芸術的な絵付けを鑑賞することをおススメします。

追記)小雅で使っている磁土について、追加の説明をしました。下記をご覧ください。

現代の官窯「小雅窯」-磁土へのこだわり【追加の説明】

 

次は、小雅の絵付けについてご説明します。

後日に続きます。

 

小雅の作品はこちらからご覧いただけます。

厳選品!「小雅窯青花釉裏紅山水図杯」

12月15日(日)自由が丘サクラボローで、迎茶でご紹介している景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催します。ご興味のある方はぜひご参加ください。

詳しくはこちらのブログをご覧ください。

……………………………………………………………………………………………………………………………

ネットショップに載せた「厳選青花釉裏紅山水図杯」の画像です。

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

IMG_1047_R.JPG

 

久しぶりに小雅の茶杯をご紹介できます。

小雅窯の工場長と外事部長が厳選に厳選を重ねて選んだ逸品です。

外事部長の秘蔵品だったのですが、今回販売させていただけることになりました。

このレベルの作品は、茶器ではなく芸術品ですね。

もちろん、お茶特に中国緑茶をお飲みいただくと

まろやかで深みのある美味しさに驚かれることと思います。

小雅窯の特徴である胎の素晴らしさを体感していただけます。

高さわずか5センチほどの小さな杯に描かれた、

山水の幽玄な世界は、工場長の絵付けならでは。

繊細で細い先の一本一本まで神経が行き届いています。

それでいながら、温かみのあるユーモラスな山水図です。

岩の陰を描いた線一本にいたるまで鑑賞にたえる、まさに芸術品です。

厳選青花釉裏紅山水図杯(こちらをクリックしてください。)

IMG_1048_R.JPG

IMG_1042_R.JPG

IMG_1043_R.JPGIMG_1044_R.JPGIMG_1045_R.JPGIMG_1072_R.JPG

販売できる小雅のポットはあと2個になりました

d0082972_17215172.jpg

先日1個お買い上げいただいたので、

販売できる小雅の茶壷はあと2個になってしまいました。

久しぶりに手にとってじっくり見てみるとやはり素晴らしい胎と絵付け。

さすが景徳鎮高端(ハイエンド)作品の先駆者です。

茶杯は今後も少ない数でも、新作をご紹介できる予定ですが、

茶壷の上級の作品は、中国本土でコレクションアイテムとして絶大な人気があり、

聞けば誰でも知っているような有名人や政府高官の方々が

こぞって購入を希望されている品薄な状況で、

新作は日本でご紹介できる機会がなくなってしまいました。

価格も、中国本土で驚くほど高騰していますので、

実は残っている2個の茶壷はとてもお買い得なんです。

ご興味のある方はぜひご覧になってくださいね。

小雅の茶壷のページはこちらをクリックするとご覧いただけます。

今後は、次の高端(ハイエンド)作品、ホンハイ工房の茶壷をご紹介していきます。

ホンハイ工房の作品はますます上質に、優雅になってお目見えする予定ですので、ご期待ください。

景徳鎮便り-現役の磁石を砕く水車小屋

11839d3b.jpg

小雅外事部長さんから届いた磁石を砕くための水車小屋の写真。

清代、明代までさかのぼれる現役の水車小屋です。

文化的な価値は計り知れないと思うのですが、取り壊しが決まっているそうです。

こんな牧歌的な場所にまで、開発の波が来ているようです。

他国の人間がもったいないと思っても仕方の無いことですが。

こんな素敵な場所がなくなってしまうのは、本当にもったいないです。

c0aa11f4.jpg

これ、現代の、今の画像です。

上の水車小屋で作業をしている人。

こんなところが残っているなんて知りませんでした。

先日の景徳鎮便りでご紹介した鉱山のようなところで採れた天然の磁石を砕いています。

この材料から、景徳鎮の高級総手工の作品が作られています。

景徳鎮便り-宋代から続く磁石の鉱山

'12_07_23景徳鎮鉱脈.jpg

今でも採掘されている宋代から続く磁石の鉱山の入り口です。

先日、小雅外事部長さんが実際に行って撮ってきた写真です。

トロッコで入っていくんですって。

近くには大昔からの手掘りの採掘穴がいくつもあるそうです。

日本の巷では、無いといわれている景徳鎮の本物の磁石(本物のカオリン)ですが、ちゃんとまだ採掘されています。

本物の景徳鎮の土を使った作品を手に入れることがとても難しいので、磁石そのものが無いといわれているのです。

こんなところは、現地に行ってもよほどのツテがないと行くことは出来ないと思います。

でも、こうして今でも優良な磁石が採掘されているのですね。

小雅の作品や、老料の絵付けの薪窯焼成の作品は、このような優良な本物の磁石で作られています。

モダンさも兼ね備えた「富貴図柘榴茶壺」

ネットショップに載せた「富貴図柘榴茶壺」の画像をご紹介します。[SOLD OUT]

 

冨貴とは牡丹の花のことです。

繊細なタッチで描かれた絵付けは、絶妙なバランスの画面構成が際立っています。

洋風の食器と合わせても違和感のない、モダンさも兼ね備えた茶壷です。

ネットショップの画像よりも大きな画像でその素晴らしい筆遣いをご覧ください。

【画像をクリックすると大きい画面になります】

 

表麺の絵付け。

富貴表_R.JPG

裏面の絵付け。

富貴裏_R.JPG

上から見たところ。

富貴上_R.JPG

表の絵付けのアップ。

富貴アップ_R.JPG

注ぎ口に描かれた可憐な花も緊張感のある筆法です。

富貴注ぎ口_R.JPG

取っ手に描かれた菊も可愛い。

富貴取手_R.JPG

ヘレンドのお皿と合わせても違和感のない茶壷です。

富貴イメージ_R.JPG

芸術的な「春思図柘榴茶壺」

先日、ネットショップに載せた「春思図柘榴茶壺」の画像です。

 

小雅窯の作品の中でも特に芸術的な作品です。

春を待ち望む女性を情緒的で詩情あふれる表現で描いてあります。

ネットショップの画像よりも大きな画像でその素晴らしい筆遣いをご覧ください。

【画像をクリックすると大きい画面になります】

IMG_3709_R.JPGIMG_3706_R.JPGIMG_3715_R.JPGIMG_3727_R.JPGIMG_3725_R.JPGIMG_3731_R.JPG

小雅窯の茶壷の一部を販売再開いたします。

しばらく休止しておりました小雅窯の茶壷の販売ですが、

価格を変更して、また販売することになりました。

休止しておりました事情については、こちらの記事をご覧ください

 

中国経済の急速な発展による富裕層の増加と、それに伴う芸術品の需要の高まり。

それらの影響により、小雅窯の作品は中国本土で大変な価値のある品となってしまいました。

 

なかでも新作は、より高品質で芸術的な価値の高いものを作りたいと欲する職人側の欲求と、

そうした高度な作品を求める顧客の声の高まりが相まって、

素材の選択においても、絵付けの手法においても、

これまでよりさらに古典に近い製法がとられるようになりました。

こうした中国本土での需要の高まりにより、かつての作品もすでに高騰が始まっています。

 

同じデザインのものはほとんど作られないこともあり、これら旧作にも多大なプレミアがついています。

そうした事情により、今回、販売再開するにあたって、

以前とは比べものにならない価格をつけざるを得なくなってしまいました。

小雅に馴染みのない皆さまだけでなく、これまでお買い上げいただいたお客様方におかれましても

びっくりしてしまうような値段になってしまったかもしれませんが、

中国本土での仕入価格・販売価格の高騰に対応し、

日本国内向けに良質な作品を確保するためのやむをえぬ価格改訂という事情ゆえ、

なにとぞご理解いただければと思います。

 

この度、販売する茶壷は下記の3点です。

いずれも、再び製作されることはまずありえない希少な作品ですので、

ご興味がおありの方には、ぜひご覧いただければと思います。

 

「富貴図柘榴茶壺」[SOLD OUT]

富貴イメージ_R.JPG

 

「花鳥図柘榴茶壺」[SOLD OUT]

IMG_3729_R.JPG

 

「春思図柘榴茶壺」

IMG_3731_R.JPG

 

以上です。

価格や詳細につきましては、お手数ですがそれぞれの商品ページにて御覧ください。

 

どの作品も、今後ふたたび日本で販売できるかどうかわからない、非常に貴重なものです。

ご質問などございましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください。

景徳鎮小雅窯杯の最高傑作が届きました

素晴らしい杯が出来上がってきていると、

小雅外事部長からお話だけ聞いていた杯が、やっと届きました。

今回手に入ったのは、とりあえず1個だけ。

小雅窯の作品は、本当に手に入りにくくなってきています。

今回届いた杯は、「紫金釉玉兎杯」。

[この杯は売約済みです。]

【画像をクリックすると大きい画面になります】

2011_10270010_R.JPG

杯の胴(外側)は、紫金釉、小雅窯の紫金釉は独特の金属的な艶があります。

その形も洗練されて計算されつくした美しさです。

2011_10270005_R.JPG

 

見込(内側)には、月に見立てた窓の中に兎と桂(金木犀)が描かれています。

桂は、中国では金木犀を指します。

古代中国では月には巨大な桂の樹が生えていると考えられていたことから月を象徴する樹なのです。

 

2011_10270006_R.JPG

 

ぼんやりと描かれた窓が月を表し、その周りには星座と口縁には天の川。

月の世界とそれを取り巻く宇宙がこの小さな杯の中に描かれています。

2011_10270003_R.JPG

 

直径7センチほどの杯の中に描かれた4センチの窓。

その中には、今まで以上に古典的な筆法で描かれた幻想的な月の世界が広がっています。

2011_10270014_R.JPG

描いている絵の具もより高級な宝石藍を使用し、

釉薬も今までのものよりもより難しい薪窯用の釉薬を使用しており、

内側からにじみ出るようなしっとりとした艶があります。

2011_10270009_R.JPG

 

これまでの小雅窯の作品と比べても、別格の品格が漂う杯。

とうとう小雅窯はここまで来てしまったんだという感慨があります。

更なる高みへ向かう小雅の新しいステージの始まりでしょうか。

 

追加:価格をお知らせしておきます。

「紫金釉玉兎杯」 定価:230,000[売約済み]

2011_10270024_R.JPG