ホーム>Honghai blue&gold(鴻海)

Honghai blue&gold(鴻海)

丸山珈琲のゲイシャ珈琲を龍のデミタスで

20145615951.JPGもともと、コーヒーが飲めないので中国茶のお店にしたくらい、

コーヒーが苦手で、苦手というよりもほとんど飲めなかったのでした。

そんな私が、Honghai blue&goldのカップ&ソーサーを使うようになって、

コーヒーの美味しさが少しわかるようになった気がしています。

Honghai blue&goldで飲むと、私が一番苦手な強い苦味が柔らかくなって、

口当たりがまろやかに、甘みも増すように感じます。

最近では、コーヒー専門店で粉を買って自分で煎れてみたりもしています。

 

お友達から教えていただいた、「ゲイシャ珈琲」。

今、注目されているプレミアムコーヒーの種類だそうです。

色々なコーヒー専門店で扱われているようですが、

尾山台の丸山珈琲で見つけたので、

Honghai blue&goldの龍のデミタスで入れてみました。

 

丸山珈琲でもらった銘柄の案内に説明がありました。

ふむふむ、グランクリュ(特級畑)シリーズですね。

「パナマ・ママ・カタ・ゲイシャ・フーリーウォッシュト」という名前です。

丸山珈琲さんのオフィシャルブログによると、

ゲイシャ種はエチオピアが起源の野生種なんですって。

説明に「チェリー、アップル、レモンの風味」とありますが、

ちょっとわからなかったです。。。でも、爽やかな甘い香りは感じました~^^。

「シルクを思わせる滑らかな質感」、これはわかります。

Honghai blue&goldのおかげでより滑らかに感じてるかな。

 

ちょっと濃くはいってしまったためか、

本来のフルーティーな香りがちゃんと感じられなかったのが残念です。

他のコーヒーも煎れて飲んでみたいと思っています。

コーヒーに関しては、飲めるようになったばかりでわからないことが多いのですが、

また珈琲屋さんで美味しいコーヒーを教えていただいたら、ブログでご紹介しますね。

Honghai blue&goldのカップ&ソーサーで飲むと

そのコーヒーの本当の味わいがわかるように感じます。

ご興味のある方は、こちらのネットショップページをご覧下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お試し頂くのはコーヒーではなく、台湾烏龍茶ですが、

5月15日(木)、6月1日(日)は景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催。

今回は奇古堂の台湾烏龍茶を景徳鎮茶器で楽しむ会です。詳しくはこちらのブログをご覧ください。

龍のデミタスカップ、アールヌーボーの洗練されたフォルム

2014421164013.JPG「本金彩青花吉祥宝珠雲龍珈琲青茶兼用仏蘭西杯」をネットショップに載せました。

アールヌーボーの洗練されたフォルムが美しいデミタスです。

 

龍の絵付けは、景徳鎮市高級美術工芸師である周絵師の手によるもの。

この鱗一枚一枚を描く手間を考えると気が遠くなります。

これだけ小さい画面にこの密度で、この迫力で描くことのできる絵師の力量に脱帽です。

 

デミタスカップといえば、エスプレッソを飲むための器と思われますが、

実は、青茶(烏龍茶)の工夫茶の杯としてもとても使いやすいのです。

工夫杯と同じくらいのちょうど良いサイズですし、

取っ手が付いているので飲みやすい。

書斎で本を読みながら、工夫茶を煎れて飲んだりするのにもオススメです。

 

手元においてお使いいただくことで、悠久の時間をお楽しみいただける、

極上のデミタスカップです。

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

より大きい画像でご覧いただくには、ポップアップした画像を右クリックして「画像だけを表示」をクリックしてください。画像だけのページで画像にカーソルをのせますと+マークが出ますので、クリックしていただくとかなり大きな画像でご覧いただけます。

2014421165349.JPG2014421165416.JPG2014421165514.JPG

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月15日(木)、6月1日(日)は景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催。

今回は奇古堂の台湾烏龍茶を景徳鎮茶器で楽しむ会です。詳しくはこちらのブログをご覧ください。

細やかな龍の表現が見事な珈琲カップ&ソーサー

201432215347.JPG

ご売約いただきました。ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大きめのカップに描かれた二頭の神獣、龍の細やかな表現をぜひご覧ください。

本染付でこれほど丁寧に龍の鱗を描くことがどれほどの技術と根気がいることでしょうか。

そこには、絵師の気概と祈りが込められています。

瑞雲の金彩にもご注目ください。

青花(染付け)で描かれた雲の上にのびやかに描かれた金彩。

下の青花を殺すことなく、むしろより深みを感じさせるのは、

青花の絵師と金彩の絵師のレベルと息があっていなければ出来ない技です。

内側に描いた口縁の模様が透けて見えるほど透明感のある素材の美しさ、

その素材をろくろで形作るには熟練の技が必要です。

歪みのない滑らかなフォルムは、轆轤師の力量を表しています。

すべて一流の職人による技術の集大成がHonghai blue&goldの作品なのです。

 

この作品は、杯の内側に小さなくぼみがあるため、アウトレットになっております。

くぼみの上に金彩で雲が描かれていてほとんどわからないほどのものです。

同じ絵付けの【厳選品】は22万円となりますので、

かなりお買い得感のある品で、オススメです。

 

本金彩欧州口青花雙龍雲涛図珈琲杯托【アウトレット】はご売約いただきました。ありがとうございます。

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

より大きい画像でご覧いただくには、ポップアップした画像を右クリックして「画像だけを表示」をクリックしてください。画像だけのページで画像にカーソルをのせますと+マークが出ますので、クリックしていただくとかなり大きな画像でご覧いただけます。

2014322153051.JPG2014322153110.JPG2014322153142.JPG2014322153216.JPG2014322153245.JPG2014322153316.JPG

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月29日(土)、4月10日(木)は景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催。

今回は色々なブランドのカップ&ソーサーで紅茶を飲む会です。詳しくはこちらのブログをご覧ください。

染付けの鶴と松の表現が美しい大きめのカップ&ソーサー

2014320142349.JPG

ご売約いただきました。ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ネットショップにアップした本金彩青花瑞祥春秋仙鶴蓮池図紅茶・緑茶兼用杯【厳選品】をご紹介します。

まずは、取っ手の周りの取っ手の周りの松と梅、寿石の表現をご覧ください。

その細密なこと、力強いこと。中国絵画の逸品を見るようです。

鶴の絵付けも繊細です。頭の部分の赤い色がアクセントになっています。

古典的な中国絵画の秀作を毎日道具として使えるという贅沢な作品です。

景徳鎮市高級美術工芸師、周絵師の絵付けの実力を堪能できます。

また、ゆったりとした大きさのお皿とカップのフォルムの美しさ。

手掘りの磁土を水車でついて何度も晒して作った

昔ながらの素材を熟練のろくろ職人が形にしています。

その土は素人が形つくろうとしてもはね飛ばされるくらい硬い素材。

 

滑らかでバランスの良い美しいフォルムを作るのは、

これもまた大変に技術の必要なことです。

そうした一流の職人技の集大成がHonghai blue&goldの作品なのです。

 

本金彩青花瑞祥春秋仙鶴蓮池図紅茶・緑茶兼用杯【厳選品】はご売約いただきました。ありがとうございます。

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

より大きい画像でご覧いただくには、ポップアップした画像を右クリックして「画像だけを表示」をクリックしてください。画像だけのページで画像にカーソルをのせますと+マークが出ますので、クリックしていただくとかなり大きな画像でご覧いただけます。

201432016717.JPG201432016741.JPG20143201687.JPG20143201696.JPG2014320162721.JPG2014320162755.JPG

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月29日(土)、4月10日(木)景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催。

今回は色々なブランドのカップ&ソーサーで紅茶を飲む会です。詳しくはこちらのブログをご覧ください。

のびやかな金彩が見事な金魚の蓋碗

2014317153950.JPG金魚の蓋碗の画像を直しましたので、ご紹介します。

【厳選品】の画像を載せていたのを新しく撮った【高級品】の画像にしました。

といいましても、ほとんど違いはありません。

景徳鎮市高級美術工芸師、周絵師の美しい絵付けをご覧ください。

この蓋碗の一番の見所は、のびやかな金彩です。

よほど腕の良い絵付け師でないと金彩ましてや24金の本金彩で

このような細くのびのびとした線は描けません。

染付けの絵付けをなぞるように描くことがどれほど難しいことか。

金彩がのることで、染付けの絵付けもより奥行きが感じられて

深みのある、美しい絵付けの作品になっています。

素晴らしい絵付けですが【高級品】ランクの作品ですので、大変お買い得です。

 

本金彩青花金魚図蓋碗【高級品】の商品ページはこちらをクリック

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

より大きい画像でご覧いただくには、ポップアップした画像を右クリックして「画像だけを表示」をクリックしてください。画像だけのページで画像にカーソルをのせますと+マークが出ますので、クリックしていただくとかなり大きな画像でご覧いただけます。

2014317161325.JPG2014317161353.JPG2014317161431.JPG201431716159.JPG2014317161553.JPG2014317161620.JPG2014317161724.JPG2014317161752.JPG

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月29日(土)、4月10日(木)景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催。

今回は色々なブランドのカップ&ソーサーで紅茶を飲む会です。詳しくはこちらのブログをご覧ください。

青花と金彩が美しい薔薇と鳥のカップ&ソーサーB

2014315165620.JPGもう一つの薔薇と鳥を描いた紅茶、コーヒー兼用カップ&ソーサーをご紹介します。

本金彩青花月季小禽図団円耳兼用杯A【厳選品】と同じデザインと絵付けの作品です。

写真の写り方で色合いが違って見えるかもしれませんが、実物はほとんど同じ色合いです。

手描きで微妙に違いますので、A、Bに分けてご紹介しています。

青花で描かれた柔らかな薔薇の花弁の表現にご注目ください。

本染付でこれほどの淡い表現の絵付けは、よほどの経験と腕がないと描けません。

薔薇の葉に描かれた金彩は、朝露が朝日にきらめいている表現です。

こちらも【厳選品】ですが、同じくお披露目特別価格です。

ペアでお持ちになるのもオススメです。

 

本金彩青花月季小禽図団円耳兼用杯B【厳選品】の商品ページはこちらをクリック

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

2014315171915.JPG2014315171935.JPG201431517203.JPG2014315172034.JPG201431517215.JPG2014315172439.JPG

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月29日(土)、4月10日(木)景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催。

今回は色々なブランドのカップ&ソーサーで紅茶を飲む会です。詳しくはこちらのブログをご覧ください。

青花で薔薇と鳥を描いたカップ&ソーサー

IMG_1559_R.JPGHonghai blue&goldの新作のカップ&ソーサー

本金彩青花月季小禽図団円耳兼用杯A【厳選品】です。

薔薇の絵付けの濃淡の素晴らしさをご覧ください。

本景徳鎮素材の採掘、精製からろくろ引きに夜成形で

型など量産手法を一切取らない総手工の胎に

景徳鎮市高級美術工芸師の周海英絵師が本染付で絵付けしています。

日本で呉須と言われる青花料で

こういった細密で濃淡あるものを表現するのには

大変な技術と経験が必要です。

イングレースでもベロ藍でもありません。

すべて周絵師による手描きなのです。

近くで見ると本当にため息が出ます。

そして、その絵付けをより美しく豪華に彩る本金彩。

朝露に朝日があたってきらめいている様子を描いています。

朝の珈琲や紅茶の時間が特別な時間になる、そんなカップ&ソーサーです。

ランクは【厳選品】ですが、これもお披露目特別価格で13万円でご紹介します。

次のロットではこのデザインの【厳選品】ランクは16万円(予定)になります。

 

本金彩青花月季小禽図団円耳兼用杯A【厳選品】の商品ページはこちらをクリック

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

IMG_1507_R.JPGIMG_1509_R.JPG2014315153029.JPG201431515313.JPGIMG_1561_R.JPG

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月29日(土)、4月10日(木)景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催。

今回は色々なブランドのカップ&ソーサーで紅茶を飲む会です。詳しくはこちらのブログをご覧ください。

 

鶴と松竹梅が芸術的な紅茶・珈琲兼用カップ&ソーサー

201431322546.JPG鶴が四季折々の花と戯れている幻想的な絵付けの美しいカップ&ソーサーをご紹介します。

景徳鎮の高級素材を使い、腕の良いろくろ師が形作ったなめらかなフォルム。

薪窯で焼成した作品にも劣らないような素晴らしい胎の肌をじっくりとご覧ください。

呉須を使った本染付けで描かれた絵付けは、景徳鎮市高級美術工芸師の周師によるものです。

蓮池の鶴と松竹梅を素晴らしい筆遣いで美しく描いてあります。

24金の金彩もふんだんに使われた豪華なカップ&ソーサーです。

美術的な価値も高い絵付けをほどこした贅沢な作品で

紅茶やコーヒーを飲むという贅沢なティータイムをお楽しみください。

 

本金彩青花瑞祥春秋仙鶴蓮池図紅茶珈琲兼用杯【厳選品】の商品ページはこちらをクリック

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

201431403923.JPG20143140401.JPG201431404058.JPG201431404158.JPG201431404247.JPG201431404334.JPG

稲妻にきらめく鱗を金彩で描いた龍の蓋碗

2014312155242.JPG青花(染付け)で龍を描き、その上に本金彩で稲妻にきらめく鱗を描いた

とても手の込んだ絵付けの龍の蓋碗です。

 

Honghai blue&goldの胎の材料は、

手掘りの景徳鎮本来の磁土を水車でついては水に晒すことを繰り返して精製した

昔ながらの方法で作られた大変手間のかかったものです。

その材料を腕の良いろくろ職人が丹精込めて形作り、

景徳鎮市高級美術工芸師の絵師が

呉須を絵の具にした本染付で龍の鱗の一枚一枚を丹念に描いています。

そして、ガス窯ですが薪窯にも負けないほどの素晴らしい焼き上がりに仕上げ、

見事な染付けを見えなくするほどのふんだんな24金の本金彩。

稲光を表した金彩で鱗のきらめきを表現することで、

龍も瑞雲もより活き活きと描かれ、

丹念な染付けが絵に深みを与えています。

芸術的な素晴らしい作品です。

 

お茶をクリアに味わうことのできる茶道具としての機能の高さはもちろんのこと、

お湯を入れた時の滑らかな肌合い、

蓋をした時、蓋碗を托にのせる時の澄んだ音など

五感で楽しむことのできる稀有な蓋碗です。

 

本金彩青花雲龍図蓋碗【特級品】のネットショップはこちらをクリック

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

2014312161645.JPG2014312161716.JPG2014312162147.JPG2014312162215.JPG2014312162254.JPG2014312162325.JPG201431216241.JPG

Honghai blue&gold工場長のアクシデント

 

2014221151223.JPGHonghai blue&goldの工場長、徐さんが怪我をされたそうです。

 

景徳鎮では交通事故も多く、優秀な職人さんが事故で命を落とすこともよくあることと聞いていますので、

大変な怪我をされているのではないかと心配しました。

その後、片足の骨折だけで命に関わることはないとうかがって、少しホッとしました。

お大事になさっていただきたいと思います。

 

そのお話を聞いた時、今皆さまにHonghai blue&goldの作品をご紹介できるのって、

本当に奇跡的なことなんだなぁと、改めて思いました。

徐さんがいなければ、上の写真のような素晴らしいろくろ引きの作品は出来ないのです。

彼の熟練の業が作り上げている美しいフォルム、滑らかな肌合いは

当然のことですが、彼以外ではつくり上げることが出来ません。

景徳鎮の全手工の作品たちは、こうした熟練の職人さん一人ひとりの技の集大成です。

大量に作れるはずのない、宝物のような作品たちをご紹介させて頂いていることを本当に感謝しています。

いつ手に入らなくなってもおかしくない、そんな奇跡の作品たちを

皆さまにもぜひお使いいただきたいなぁと思います。

 

下の写真が、Honghai blue&goldの工場長、徐さんです。

寝る間を惜しんで作品を作ってくださっていました。

ゆっくり休んで頂いて、早く回復されることを祈っています。

201422115246.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月13日(木)、2月23日(日)景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催。

1月と2月は「台湾の老茶」がテーマ。詳しくはこちらのブログをご覧ください。