ホーム>迎茶ブログ

迎茶ブログ

青花で薔薇と鳥を描いたカップ&ソーサー

IMG_1559_R.JPGHonghai blue&goldの新作のカップ&ソーサー

本金彩青花月季小禽図団円耳兼用杯A【厳選品】です。

薔薇の絵付けの濃淡の素晴らしさをご覧ください。

本景徳鎮素材の採掘、精製からろくろ引きに夜成形で

型など量産手法を一切取らない総手工の胎に

景徳鎮市高級美術工芸師の周海英絵師が本染付で絵付けしています。

日本で呉須と言われる青花料で

こういった細密で濃淡あるものを表現するのには

大変な技術と経験が必要です。

イングレースでもベロ藍でもありません。

すべて周絵師による手描きなのです。

近くで見ると本当にため息が出ます。

そして、その絵付けをより美しく豪華に彩る本金彩。

朝露に朝日があたってきらめいている様子を描いています。

朝の珈琲や紅茶の時間が特別な時間になる、そんなカップ&ソーサーです。

ランクは【厳選品】ですが、これもお披露目特別価格で13万円でご紹介します。

次のロットではこのデザインの【厳選品】ランクは16万円(予定)になります。

 

本金彩青花月季小禽図団円耳兼用杯A【厳選品】の商品ページはこちらをクリック

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

IMG_1507_R.JPGIMG_1509_R.JPG2014315153029.JPG201431515313.JPGIMG_1561_R.JPG

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月29日(土)、4月10日(木)景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催。

今回は色々なブランドのカップ&ソーサーで紅茶を飲む会です。詳しくはこちらのブログをご覧ください。

 

鶴と松竹梅が芸術的な紅茶・珈琲兼用カップ&ソーサー

201431322546.JPG鶴が四季折々の花と戯れている幻想的な絵付けの美しいカップ&ソーサーをご紹介します。

景徳鎮の高級素材を使い、腕の良いろくろ師が形作ったなめらかなフォルム。

薪窯で焼成した作品にも劣らないような素晴らしい胎の肌をじっくりとご覧ください。

呉須を使った本染付けで描かれた絵付けは、景徳鎮市高級美術工芸師の周師によるものです。

蓮池の鶴と松竹梅を素晴らしい筆遣いで美しく描いてあります。

24金の金彩もふんだんに使われた豪華なカップ&ソーサーです。

美術的な価値も高い絵付けをほどこした贅沢な作品で

紅茶やコーヒーを飲むという贅沢なティータイムをお楽しみください。

 

本金彩青花瑞祥春秋仙鶴蓮池図紅茶珈琲兼用杯【厳選品】の商品ページはこちらをクリック

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

201431403923.JPG20143140401.JPG201431404058.JPG201431404158.JPG201431404247.JPG201431404334.JPG

ブログの画像をより大きくご覧いただくには

ブログの画像は、クリックしていただくとポップアップで少し大きめにご覧いただけるのですが、より大きい画像でご覧いただくには、ポップアップした画像を右クリックして「画像だけを表示」をクリックしてください。

画像だけのページで画像にカーソルをのせますと+マークが出ますので、クリックしていただくとかなり大きな画像でご覧いただけます。

 

稲妻にきらめく鱗を金彩で描いた龍の蓋碗

2014312155242.JPG青花(染付け)で龍を描き、その上に本金彩で稲妻にきらめく鱗を描いた

とても手の込んだ絵付けの龍の蓋碗です。

 

Honghai blue&goldの胎の材料は、

手掘りの景徳鎮本来の磁土を水車でついては水に晒すことを繰り返して精製した

昔ながらの方法で作られた大変手間のかかったものです。

その材料を腕の良いろくろ職人が丹精込めて形作り、

景徳鎮市高級美術工芸師の絵師が

呉須を絵の具にした本染付で龍の鱗の一枚一枚を丹念に描いています。

そして、ガス窯ですが薪窯にも負けないほどの素晴らしい焼き上がりに仕上げ、

見事な染付けを見えなくするほどのふんだんな24金の本金彩。

稲光を表した金彩で鱗のきらめきを表現することで、

龍も瑞雲もより活き活きと描かれ、

丹念な染付けが絵に深みを与えています。

芸術的な素晴らしい作品です。

 

お茶をクリアに味わうことのできる茶道具としての機能の高さはもちろんのこと、

お湯を入れた時の滑らかな肌合い、

蓋をした時、蓋碗を托にのせる時の澄んだ音など

五感で楽しむことのできる稀有な蓋碗です。

 

本金彩青花雲龍図蓋碗【特級品】のネットショップはこちらをクリック

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

2014312161645.JPG2014312161716.JPG2014312162147.JPG2014312162215.JPG2014312162254.JPG2014312162325.JPG201431216241.JPG

4月10日に「カップ&ソーサーお楽しみ会-紅茶編-」追加開催です。

2014311162618.JPG3月29日(土)に引き続き、4月10日(木)にもワークショップを開催いたします。

内容は3月29日と同じ、カップ&ソーサーのお試し会です。

Honghai blue&goldの新作カップ&ソーサーやポットもご紹介いたします。

マイセンやヘレンド、ジノリなど様々なブランドのカップ&ソーサーで

紅茶をお楽しみいただく楽しい会にしたいと思っております。

紅茶は、台湾で人気の高い紅玉、中国で人気の金駿眉

オーソドックスなダージリンなどから2種類をご用意します。

いろいろなブランドのカップ&ソーサーをお使いいただいて

お菓子とともに紅茶を味わってくださいね。

お菓子は、雪が谷大塚のシュクレリナードさんのお菓子をご用意いたします。

 

いろいろなカップ&ソーサーを楽しむ会-紅茶編-

参加費:お一人様 2,500円(お菓子付)

日時:3月29日(土)14時30分~16時 定員:6名

    4月10日(木)14時30分~16時 定員:6名

場所:自由が丘サクラボロー

 

お問い合わせ、お申し込みはこちらからどうぞ。

お申し込みの際には、ご希望の日とご参加の人数をお知らせください。

20142281453.jpg2014311164836.JPG

3月29日のワークショップはカップ&ソーサーお楽しみ会-紅茶編-

20142280450.JPGおかげさまでご好評をいただいております、本景徳鎮体験ワークショップ。

次回は3月29日(土)14時30分から開催いたします。

場所は、自由が丘サクラボローです。

 

今回は、カップ&ソーサーのお試し会です。

Honghai blue&goldの新作カップ&ソーサー、

まだネットショップにご紹介していないものもご覧いただくことができます。

そして、今回はHonghai blue&goldだけではなく、

欧州のいろいろなブランドのカップ&ソーサーを使って、

美味しい紅茶をお飲みいただこうと思います。

洋食器をそろえている方にご協力いただいて、

マイセン、ヘレンド、ウエッジウッド、スポード、ジノリなど

有名メーカーのカップ&ソーサーが勢ぞろいしています。

それぞれの特徴をお楽しみくださいね♪

雪谷のシュクレリナードさんのお菓子もご用意しますので、

美味しく楽しいワークショップをご一緒にいかがですか?

 

いろいろなカップ&ソーサーを楽しむ会-紅茶編-

参加費:お一人様 2,500円(お菓子付)

日時:3月29日(土)14時30分~16時 定員:6名

場所:自由が丘サクラボロー

 

お問い合わせ、お申し込みはこちらからどうぞ。

お申し込みの際には、ご希望の日とご参加の人数をお知らせください。

20142281453.jpg

サイトリニューアルのお知らせ

いつも迎茶のサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

以前にもお知らせしておりましたサイトのリニューアルが完了しました。

完璧にチェックが完了している!とは言えないのですが、

一応皆さまに支障なくご覧いただける状態にはなっておりますので

本日中に切り替え作業を行います。

3日ほど、古いサイトと新しいサイトのどちらをご覧いただけるか

はっきりしない状態になるそうです。

週末くらいには、新しいサイトのみご覧いただけるようになります。

ご覧いただく皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、

ご理解いただきますようお願い致します。

 

これからもサイトの充実に努力してまいりますので

今後とも迎茶のサイトをご愛顧いただけますよう、

よろしくお願い申し上げます。

迎茶取扱商品の消費税対応変更についてのお知らせ

日頃は当店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 

今回は、なかなか申し上げにくい内容なのですが、

取り扱い商品の価格変更についてのご報告をさせていただきます。

 

まずは奇古堂さんから、茶葉や茶器の価格の変更のお知らせが届きました。

奇古堂の商品を扱わせていただいて11年ほどになりますが、

その間、価格の変更があったのは、消費税が内税表記が義務付けられたころの一度だけで、

それ以降、10年近く同じ価格で販売させていただいておりました。

しかしながら、この度いろいろな事情によって価格も変更にせねばならなくなり、

消費税についても、内税から外税に取り扱いを変更にするとの連絡をうけました。

これに伴い、恐れ入りますが、

当店での取り扱い価格も変更させていただかなければならない状況となりました。

奇古堂さんではすでに2014年1月からの価格改訂になっておりますが、

当店では4月1日から価格改訂をさせていただきます。

 

2013年冬の新茶は、すでに新価格でのご紹介をしております。

それ以前の、現在在庫のある商品につきましては、3月末日までは旧価格で販売いたします。

4月からは、奇古堂のすべての商品につきまして、

新しい商品価格に消費税8%を加えた新価格に変更させていただきますので、

申し訳ございませんが、ご理解くださいますようお願い申しあげます。

 

また、その他の商品につきましても、4月の消費税アップにともないまして、

内税から外税に変更させていただきます。

また、これまで消費税の扱いにつきましては商品価格に転嫁しない形で販売してまいりましたが、

8%への消費税アップに際し、現時点の在庫に関しましては、

従来の5%分を現行どおり商品価格の範囲内で吸収させていただく形となります。

しかし、新たにアップする3%分につきましては、

誠に申し訳ございませんが、商品価格に上乗せする形の改訂とさせていただきます。

また、消費税改定後の新規入荷分からは、まことに恐れながら、

8%を上乗せした外税価格での販売とさせていただきます。

 

お客様各位におかれましては、

事実上の値上げのご案内となってしまい、本当に申し訳ないのですが、

税制改正によるやむにやまれぬ対処ということで

なにとぞ、ご容赦いただければと存じます。

 

このようなご連絡となってしまいまことに恐縮ですが、

どうか、今後とも迎茶をよろしくお願いいたします。

Honghai blue&gold工場長のアクシデント

 

2014221151223.JPGHonghai blue&goldの工場長、徐さんが怪我をされたそうです。

 

景徳鎮では交通事故も多く、優秀な職人さんが事故で命を落とすこともよくあることと聞いていますので、

大変な怪我をされているのではないかと心配しました。

その後、片足の骨折だけで命に関わることはないとうかがって、少しホッとしました。

お大事になさっていただきたいと思います。

 

そのお話を聞いた時、今皆さまにHonghai blue&goldの作品をご紹介できるのって、

本当に奇跡的なことなんだなぁと、改めて思いました。

徐さんがいなければ、上の写真のような素晴らしいろくろ引きの作品は出来ないのです。

彼の熟練の業が作り上げている美しいフォルム、滑らかな肌合いは

当然のことですが、彼以外ではつくり上げることが出来ません。

景徳鎮の全手工の作品たちは、こうした熟練の職人さん一人ひとりの技の集大成です。

大量に作れるはずのない、宝物のような作品たちをご紹介させて頂いていることを本当に感謝しています。

いつ手に入らなくなってもおかしくない、そんな奇跡の作品たちを

皆さまにもぜひお使いいただきたいなぁと思います。

 

下の写真が、Honghai blue&goldの工場長、徐さんです。

寝る間を惜しんで作品を作ってくださっていました。

ゆっくり休んで頂いて、早く回復されることを祈っています。

201422115246.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月13日(木)、2月23日(日)景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催。

1月と2月は「台湾の老茶」がテーマ。詳しくはこちらのブログをご覧ください。

 

ブログ更新頻度が落ちるかもしれません

お久しぶりです、裏方担当のTです。

 

いま、迎茶は大変なことになっております。

 

と、いいましても、誰かが倒れたとか、経営があぶないとか、そういうことではありません。

 

迎茶はいま、いろんなことを大リニューアル中です。

これまでの迎茶は、ネットサイトに移行したものの、

サイトのデザインや内容など目に見える部分やも、それ以外の目に見えない部分においても、

実店舗時代のものを引き続き使っているという状態でした。

 

が、もうそろそろ、それらの点を改善していきたいなあということになり、

準備を開始したのですが、

ちょうど、公私にわたっていろんなことがいっせいに起こってしまい、

てんやわんやの状態になってしまっております。

仕事もプライベートも大騒ぎです。

かくいう私も、さいきんあんまり寝ていません。眠いです。

 

まぁ、私のことはさておき、

そういう状況となり、さまざまな優先度の高い作業が発生してしまったため、

まことに申し訳ないのですが、当ブログの更新は、後回しにせざるを得なくなっております。

もちろん、大事なご連絡につきましては随時アップしてまいりますが、

それ以外のことに関しましては、恐れながら、しばらく更新が滞るかもしれません。

 

その代わりと言ってはなんですが、大リニューアル完遂の暁には、

よりいっそうパワーアップして皆さまをお迎えできるようにいたしますので。

なにとぞご容赦いただければと存じます。

 

それでは、簡単なご報告にて恐縮ですが、失礼いたします。