ホーム>迎茶ブログ

迎茶ブログ

ホンハイは続々芸術的な新作を作成中。

12月15日(日)(こちらをご覧ください。)、1月12日(日)、1月21日(火)景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催。1月は「老茶」がテーマ。こちらのブログをご覧ください。

……………………………………………………………………………………………………………………………

今景徳鎮にいらっしゃる小雅外事部長から、

ホンハイの新作がぞくぞくと出来上がっているとお知らせいただきました。

どれも芸術的な素晴らしい作品に仕上がっているとか。

今まで以上に息を飲む絵付けとろくろのフォルムの作品が、

年内に届く予定です!

 

その一部を画像でご紹介します。

景徳鎮市高級美術工芸師シュウ絵師が

古典様式の作品の絵付けをしているところ。

下絵もなしに、ろくろ形成したティーカップに

本染付の呉須で繊細な絵付けをしています。

素人の私から見ても、プロ中のプロのしごとの凄さがわかります。

焼きあがったら、どんな美しい青花に仕上がるのでしょう。

ため息が出ますね。

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

P1010968_etuke.JPG

下の画像は、金彩の絵付けをしているところ。

今までは、金彩は外注だったのですが、

これからは金彩もホンハイ自社製になります。

金彩って、粘りがあって他の絵の具よりも描きにくいんです。

でも、さすがの熟練の業。

粘性の強い金彩を迷いなく一気に描きあげます。

取っ手の近くの葉っぱの部分をご覧ください。

盛り上がっているのがわかりますか。

24金の本金彩ならではの贅沢さです。

また、薔薇の青花の美しいことと言ったら。

P1010959_etuke.JPG

こんなすごい作品が続々出来上がってきますので、

ホンハイの前作品は赤字覚悟のクリアランスセールです。

前作品も、本景徳鎮の磁土の使い心地の良さ、

本染付の手描きの絵付け、

全手工総ろくろ引きの作品は他には絶対にないものですので、

この機会にぜひコレクションの一つに加えていただきたいと思います。

なんといっても、お茶がまろやかにお飲みいただけることを

ぜひともお使いになって体験していただきたいです!

ホンハイの薪窯、全手工の蓋碗をセールに追加しました。

12月15日(日)(こちらをご覧ください。)、1月12日(日)、1月21日(火)景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催。1月は「老茶」がテーマ。こちらのブログをご覧ください。

……………………………………………………………………………………………………………………………

IMG_0503_R.JPG

引き続き、ご注目いただいている歳末クリアランスセールに、

ホンハイの薪窯、全手工(総手作り)の蓋碗を追加しました。

薪窯焼成、ろくろ引きでこの薄さの蓋碗は、

今後はもう手に入らない作品でコレクションとしてもおススメです。

ただ希少なだけでなく、お茶をお飲みいただくと、

大変まろやかでクリアなお味を楽しんでいただけます。

こういう古典的なふんわりした蓋碗は、今ご紹介している作品で最後です。

価格的にも破格になっておりますので、この機会にぜひおススメします。

台湾旅行記(10月29日~31日)-2日目夕食は「豊盛食堂」

12月15日(日)(こちらをご覧ください。)、1月12日(日)、1月21日(火)景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催。1月は「老茶」がテーマ。こちらのブログをご覧ください。

……………………………………………………………………………………………………………………………

昨日の続き、台湾旅行2日目です。

故宮博物院を後にして、お土産のお菓子を買いに。

パイナップルケーキの専門店「微熱山丘」に今回も行きました。

IMG_201310302_R.JPG

おしゃれなカフェのようなお店です。

商品はパイナップルケーキ1種類だけとシンプルですが、

いつもお客さんがいっぱいのお店。

待っている間に、試食のパイナップルケーキ1個とお茶を出してくれます。

写真をとる前に食べてしまったので、食べ終わったところでごめんなさい。

IMG_01310301_R.JPG

 

そろそろ夕食の時間になりました。

前回の台湾旅行でとっても美味しかった永康街の「豊盛食堂」に。

IMG_201310305_R.JPG

台湾料理、美味しいです!

青菜は、蓮の芽の炒め物。

IMG_201310307_R.JPG豚足です。むっちりしていて、やわらかくて美味しい!

日ごろは苦手なタイプのお料理ですが、

臭みも脂っこさもなくて、明日はお肌プルプルになりそう。

IMG_201310306_R.JPG

ハマグリと生姜のスープ。

ハマグリの出汁であっさりした中に深みのあるスープです。

IMG_201310308_R.JPG

同じ台湾料理でも、1日目の「大隠酒食」とはまた違った感じです。

どちらも豚肉が美味しいです。台湾のお肉が美味しいのかな。

今回、豚肉の皮の美味しさに驚きました。

豊盛食堂の豚足、おススメですよ!

どのお料理もほんとに美味しくて、ご馳走様でした。

 

ちょっと時間をさかのぼりますが、夕食前にホテルの近くの行天宮に行ってみました。

IMG_201310303_R.JPG

中にも入ったのですが、観光名所なのかと思っていたら、

お供え物もいっぱい供えてあって、お参りする信者の方々が列をなしています。

仏教なのかな、日本のお寺とは違った華やかな装飾のお寺ですが、

ちょっと敬虔な気持ちになりました。

台湾の人たちは、熱心な仏教徒(だと思います)の方が多いみたいです。

 

さて、次の日は最終日。

朝からもう一度故宮博物院に行きました。

続きます。

台湾旅行記(10月29日~31日)-2日目は故宮博物院から

12月15日(日)(こちらをご覧ください。)、1月12日(日)、1月21日(火)景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催。1月は「老茶」がテーマ。こちらのブログをご覧ください。

……………………………………………………………………………………………………………………………

間が開いてしまいました。10月の台湾旅行二日目です。

まずは、ホテルの朝食から。おかゆや洋食などのバイキング、蒸しパンが美味しかったです。

IMG_0456_R.JPG

 

さて、今回の一番のお目当ての故宮博物院。

今回は、オープン前に入口にスタンバイしました。

早い時間だと中国からの団体さんも少ないので、オススメかも。

なにはさておき、磁器の展示室へ。

まだお客さんが少なくて、見やすい!じっくりと見ることが出来ました。

素晴らしい器の数々を、うっとりと眺めて堪能します。

前回から1年以上経っているのに、展示品があまり変わっていないのがちょっと不満でした。

毎日展示品を取り替えても展示できないくらいあるはずなのにな~。

でも、やはり素晴らしかった。

特に今回は、清朝の粉彩の今まで見たことのないものがあって、

本当に美しかったです。

台湾に行かれた際には、ぜひ見ていただきたいです。

迎茶で景徳鎮の磁器を買っていただいているお客様には、ぜひ見ていただきたい。

清代の技法が今に受け継がれていることが、よくお分かりいただけるはずです。

ご自分でお持ちになっていると、特に感慨深いと思います。

私自身、景徳鎮の作品を取り扱わせていただくようになって、

故宮博物院の磁器の宝物を見る目が変わりました。

 

ひと通り、磁器と絵画を堪能したらお昼の時間になりました。

お昼は故宮博物院の4階にある三希堂で。

三希堂はちょっとわかりにくいところにあるので、

あまり混んでいなくて静かです。

点心とお茶をゆっくり楽しみました。

IMG_0455_R.JPG

 

お茶は台湾の烏龍茶。蓋碗と茶杯で出てきます。お菓子付き。

20131030_3.JPG

20131030_4.JPG20131030_5.JPG

点心はチャーシューまんとちまき。

ちまきが美味しかったです。

 

三希堂から見える故宮博物院の建物。

この建物にはまだ入ったことがありません。展示とかしているのかな。

20131030_6.JPG

ゆっくり休んで、もう一度磁器の展示室へ。

もう一回見ておきたい宝物をじっくりながめて満足。

重いけど、カタログも2冊買って、故宮博物院を後にしました。

 

次は、おみやげのお菓子を買って、夕食です。

続きます。

……………………………………………………………………………………………………………………………

ただいま歳末クリアランスセール開催中。12月30日まで。

歳末クリアランスセールはこちらをご覧ください。

本日追加のセール目玉商品は、ホンハイのデミタスカップ。

12月15日(日)(こちらをご覧ください。)、1月12日(日)、1月21日(火)景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催。1月は「老茶」がテーマ。こちらのブログをご覧ください。

……………………………………………………………………………………………………………………………

IMG_0699_2_R.jpg

昨日から開催している歳末クリアランスセール

おかげさまで早速いくつかお買い上げをいただきました。

誠にありがとうございます。

 

今日もセール商品を追加してアップしております。

ぜひご覧ください。

今日追加した目玉商品は、ホンハイのデミタスカップ&ソーサー。

前回のセールに引き続き、お試し&クリアランスセールでよりお買い得に。

ホンハイのカップ&ソーサーは、お使いいただいたお客様から

その使い心地の良さとお茶の口当たりの良さで、

大変なご好評を受けております。

ホンハイのデミタスカップ&ソーサーは、

3割引き以上のお買い得になっておりますので、お見逃しなく!

 

歳末クリアランスセールの期間は、12月30日まで。

セール商品の追加も随時していきますので、チェックしてくださいね!

 

歳末クリアランスセールはこちらをご覧ください。

歳末クリアランスセール、今日から開催します!

12月15日(日)(こちらをご覧ください。)、1月12日(日)、1月21日(火)景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催。1月は「老茶」がテーマ。こちらのブログをご覧ください。

……………………………………………………………………………………………………………………………

12月も初旬を過ぎ、慌ただしくなってきました。

迎茶もこの一年は、奥沢の店舗終了のあと、ネットショップを充実して今に至っております。

これも日頃の皆様のご愛顧のおかげと感謝いたしております。

そうした皆様のご愛顧に感謝いたしまして、

本日から歳末クリアランスセールを開催いたします。

今までにない、赤字覚悟のセールです。

 

過去にもお知らせしていますが、本物の景徳鎮作品は中国本土でも大変入手が難しく、

小雅外事部長の大変なご苦労のお陰で、迎茶でご紹介することが出来ております。

中国本土の経済事情、景徳鎮の各工房の製作状況の変化、為替の影響など様々な要因で、

以前と比べて作品の質は下がっているのに、価格はどんどん上昇している状況が続いています。

今回セールする作品は、今後同じレベルのものはこの価格では到底入手できない品ばかりです。

この機会にぜひ、本物の景徳鎮の作品をお試しになってください。

大変お買い得になっておりますので、ぜひご覧下さい!

 

歳末クリアランスセールの期間は、本日から12月30日まで。

セール商品の追加も随時していきますので、チェックしてくださいね!

 

歳末クリアランスセールはこちらをご覧ください。

高さ6センチの芸術-母子図水盂[SOLD OUT]

12月15日(日)(こちらをご覧ください。)、1月12日(日)、1月21日(火)景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催。1月は「老茶」がテーマ。こちらのブログをご覧ください。

……………………………………………………………………………………………………………………………

先日ブログでご紹介したとたん、すぐにご売約を頂いた水盂

繊細な絵付けが美しい作品ですので、画像をご紹介します。

ろくろのフォルムの美しさも際立っています。

高さ6センチの中に、中国絵画の真髄があります。

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

IMG_1181_2_R.JPG

IMG_1186_R.JPGIMG_1185_R.JPG

IMG_1184_R.JPGIMG_1194_R.JPGIMG_1189_R.JPG女性の服のスカート部分の表現、すごいです。

没骨法で透明な白い盛り上げ絵の具で描いた上に服の模様が細かく描かれています。

薔薇の花も繊細な表現です。

 

IMG_1192_R.JPG唐子の手の繊細な表現をご覧ください。

ミリ単位の筆使いです。

表情もいきいきしています。

 

IMG_1188_R.JPG

この蓮の花の繊細なこと。

台の木目の描き方も超絶的です。

厳選品の美しいお皿たち、画像でご覧ください。

12月15日(日)(こちらをご覧ください。)、1月12日(日)、1月21日(火)景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催。1月は「老茶」がテーマ。こちらのブログをご覧ください。

……………………………………………………………………………………………………………………………

昨日届いた美しいお皿やポットなど、画像をご覧ください。

今回届いた作品たちは、特に小雅外事部長が厳選したものばかり。

本当はご自分用にとっておこうと思っていたそうです。

でも、茶器だけではコーディネイトの広がりに限界があるので、

お皿や水盂などもぜひお使いいただきたいと、今回届けていただきました。

どれも、とびっきりの美しい作品ばかり。

価格もこのレベルの作品としては、破格のお値段にいたしますので、

ぜひこの機会をお見逃しなく!

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

IMG_1129_R.JPGIMG_1134_R.JPG薪窯焼成、老料粉彩の大きめのお皿です。桃のピンク色がとてもつややかで美しい絵付け。

価格は、特別価格8万円です。

 

IMG_1137_R.JPG薪窯焼成、老料粉彩の少し深めのお皿です。古典的な蝶と瓜の絵付け。

なんとも言えない美しさと格調の高さです。

価格は、特別価格10万円

 

IMG_1140_R.JPG豆彩の大きめのお皿。静謐とした繊細な絵付けが素晴らしい作品です。

特別価格10万円です。

お皿は、ろくろも焼成も難しく、輸送するにも壊れやすく扱いにくいものなので、

コンスタントにご紹介は出来ない品なのです。

 

IMG_1145_R.JPG老料粉彩の絵付けのコンポートです。(画像がピンぼけですみません)

こういう高さのある器があると、立体感が出てテーブルが華やかになりますね。

価格は、特別価格7万円です。

 

IMG_1181_R.JPG小さな水盂です。薪窯焼成、老料粉彩の作品。

繊細で格調の高い、素晴らしい絵付け。

手元で眺めていると、清の時代に誘われるよう。引き込まれるような芸術作品です。

価格は、特別価格12万円【ご売約済】

 

IMG_1214_R.JPG

老料粉彩の素晴らしい絵付けのポットが再入荷しました。

こんなに隙間なく文様が描かれ、緻密な牡丹の花が描かれているのに、

落ち着いた雰囲気、華やかですが上品な佇まいは、女王の風格です。

価格は、15万円です。ネットショップはこちら。

 

IMG_1197_R.JPG

最後にご紹介するのは、薪窯の景徳鎮の杯に日本の陶芸家の絵付けを施した作品。

景徳鎮の全手工の高級胎に、ドイツの市販されていない高級絵の具を使い、

日本の熟練絵付け作家が金の氷裂文の中にマイセン様式の薔薇を描きました。

茶杯1個のみのご紹介です。【ご売約済】

この杯にご興味のある方は、こちらからお問い合わせください。

【速報】新作、本日入荷しました!

 12月15日(日)自由が丘サクラボローで、迎茶でご紹介している景徳鎮茶器を実際に使っていただくワークショップを開催します。ご興味のある方はぜひご参加ください。

詳しくはこちらのブログをご覧ください。

……………………………………………………………………………………………………………………………

裏方担当のTです。

本日、新作が到着しましたのでご報告いたします。

 

今回の入荷は、お皿が3枚、コンポートが1つ、ポットが1つ、茶杯が1つ、水盂(すいう)が1つ、

以上、7点となります。

 

写真入りの記事や詳しいご説明はまた後日、

当ブログやショッピングページにてお伝えいたしますが、

まずは、とりいそぎ個人的な感想を書かせていただきます。

 

今回まず目をひかれたのはお皿とポットです。

まずお皿ですが、豆彩の作品が1点、粉彩の作品が2点となっているのですが、

いずれも個性的で、バラエティに富んだラインナップとなりました。

お皿を指で弾いた際の音も澄んでいて、まるで楽器のようでした。

材質がよいからこその音色といえます。

 

当店での扱いは茶器が主で、お皿などの食器は比較的珍しいのですが、

茶器などと組み合わせて、テーブルセッティングのバリエーションを

広げていただくにはかっこうの品だと思います。

また、お皿などは重くて大きくて薄いため扱いが難しく、

今後も頻繁に入荷するかはわからない商品となります。

入荷しても、小雅外事部長の厳選したコレクションからの出品となるため、

より貴重で高価なものしかご紹介できないかもしれず、

そういう意味でも、食器をお求めになりたい方には、

今回入荷分がまたとない機会かと存じます。

 

続いて、ポットですが、かなり大きな作品です。

大きな作品に、これでもかとばかりに、びっしりと筆で書き込まれています。

ずっと見つめていると、吸い込まれてしまいそうになります。すごいです。

しかも、それほど細かく書き込まれているにもかかわらず、

まったく下品にはならず、むしろ落ち着いた風格すら感じさせます。

不思議なことですが、色使いの妙や絵の具の質、

そしてなにより絵付けの腕が、こうした風格を生んでいるのだと思います。

 

以上、取り急ぎ、私なりの注目作品について書かせていただきました。

他の作品を含むご紹介も近日中にいたしますので、

そちらはいましばらくお待ちください!

 

それでは、失礼いたします!

1月と2月は「老茶」を極めるワークショップ。

IMG_1080_2_R.jpg

ご好評をいただいている本景徳鎮の茶器を体験するワークショップ、

1月と2月は、台湾で素晴らしい「老茶」を手に入れてきましたので、

老茶を極めるワークショップを開催いたします。

「老茶」とは、何十年も年月を経たお茶のことで、

中国本土では陳年茶、陳蔵茶と言い、プーアール茶が有名ですね。

「老茶」というのは台湾での呼び方で、台湾の烏龍茶を何十年もねかせたものです。

中国や台湾の人たちが老茶、陳年茶を珍重するのは、

身体に良いと思われているからです。

確かに、少なくとも成分の強いタンニンなどがほとんどなくなってまろやかになり、

やわらかな飲みやすいお茶になっています。

本物の50年以上経った凍頂烏龍茶をはじめ、

とっても貴重で高価な台湾老茶を3種類ご用意しました。

最近の台湾では老茶がもてはやされていることもあって、

実は怪しげな老茶も販売されていたりします。

その辺りの見分け方も、飲み比べていただきながらご紹介します。

場所はいつもの自由が丘サクラボローです。

もちろん、本景徳鎮の茶器の飲み比べも体験していただきます。

飲み比べを身近に感じていただくために、

ご自身が普段お使いの茶杯またはカップをひとつお持ちくださいね。

 

本景徳鎮の茶器を体験するワークショップ-台湾老茶を極める-

参加費:お一人様 2,500円

日時:

1月12日(日)14時~15時30分 定員:5名

1月21日(火)14時~15時30分 定員:5名

2月13日(木)14時~15時30分(予定)

2月23日(日)14時~15時30分(予定)

場所:自由が丘サクラボロー

 

お問い合わせ、お申し込みはこちらからどうぞ。

お申し込みの際には、ご希望の日とご参加の人数をお知らせください。