ホーム>Honghai blue&gold(鴻海)>Honghai blue&goldについて

Honghai blue&goldについて

迎茶の景徳鎮磁器は最高の指揮者によるオーケストラ

201447163339.jpg迎茶で扱っている景徳鎮磁器について、細かい材質などの違いを知りたいとご質問を受けることがあります。

結論から言いますと、作品ごとの細かい違いにお答えすることは出来ません。

それぞれの作品が全て違います。材質も、焼き上がりも、絵付けもです。

材料については、小雅の作品もHonghai blue&goldの作品も景徳鎮倣古の作品も

本景徳鎮の手掘りの素材を水車でついて水に晒すことを繰り返して精製した材料を使っています。

焼成については、柴窯(薪窯)焼成も希少でオススメですが、Honghai blue&goldのガス窯焼成の作品は、

薪窯の作品に勝るとも劣らない素晴らしい焼き上がりの作品になっております。

絵付けは、古典的な天然素材から作られた絵の具を使い、名人級の絵付け師による丁寧な絵付けです。

 

例えるならば、オーケストラのようなものです。

同じ曲を演奏しても、演奏者のレベル、楽器のレベル、指揮者のレベルが違えば出来上がった曲の出来栄えは全く違ったものになりますね。

また、例え演奏者も楽器も最高のオーケストラでも、指揮者も最高でなければ最高の演奏はできないと思います。

そして、同じ指揮者で同じ曲を演奏しても、日によって演奏者が変わったり、使う楽器が違うということもあるでしょう。

それが同じレベルの演奏者で、同じレベルの楽器でも奏でる音は違ってくるはずです。

迎茶で扱っている景徳鎮の磁器、小雅、Honghai blue&gold、景徳鎮倣古のそれぞれの作品は、

最高の演奏者、最高の楽器が揃っていて、指揮者も最高のオーケストラのようなものです。

最高の指揮者である小雅外事部長の指導のもと、最高の素材と最高の職人によって作られている作品です。

使われている素材や絵の具は、いうなればストラディバリウスのようなもの。

最高の職人の手にかかれば素晴らしい作品になりますが、とても扱いにくい難しい材料です。

 

しかし、指揮者にあたる作品を選ぶ人、小雅外事部長の厳しい選別がなければ、

ここまでの作品たちをご紹介することは出来ないでしょう。

残念ですが、私自身もこの作品たちの本当の価値はわかっていないと思います。

作品を理解するには深い教養が必要で、私はまだまだそこまでの教養は身についていません。

小雅外事部長は、百年後を見据えて作品を選んでいると言います。

彼の歴史的、文化的、美的教養をフルに使って選ばれた作品たちです。

どの作品もすべて最高の作品であることに変わりはありませんので、安心してお選びください。

 

わたしたちも、扱っている品物に育てられています。

2014331144111.JPG今日のブログは、いつもと少しだけ異なる視点のお話をさせていただきます。

「景徳鎮磁器販売店『迎茶』の店主」としてではなく、より個人的な、私的な視点からのお話です。

ですので、もしかしたら、身内びいきというか、自画自賛に見えてしまうところもあるかもしれませんが、

これは、日々品物を扱い、触れることで抱いた、

いわば「商売抜きで、いま感じていること」についての率直な思い、ということで、

どうかご容赦いただければと思います。

 

最近、今まで以上に強く思うようになったのは、

「素晴らしい作品を取り扱わせていただいて、本当にありがたいなぁ」ということです。

そして同時に、それら素晴らしい作品を生み出しておられる

景徳鎮の作り手の職人さんたちに、より強くリスペクトを感じるようになりました。

職人さんたちは全力を尽くして、後世に語り継がれるような作品たちを作り上げてくださっています。

とくに、Honghai blue&goldの作品に携わっている方々は、

常にどうしたらより良いものになるかを考えて、

お互いの仕事を尊重して、作品作りに心血を注いでいます。

例えば、Honghai blue&goldの青花の上に描かれている金彩。

もし、青花の絵師が自分の絵付けが金彩で隠れるのはいやだと言ったら、

こんな素晴らしい作品は出来上がっていないわけです。

描いてみたらより美しくなったから、より素晴らしい作品になるからと

喜んで協力して作品を作っているのです。

素地やろくろにしても、この素晴らしい絵付けをより引き立てるためにも、

より良い材料を使おう、より美しいフォルムにしようと努力しています。

 

もちろん、こうした素晴らしい作品が生みだされるのは

それらを作り上げる職人さんたちがいてこそなのですが、

もう一つ大事なことは、仕入れる人の力量です。

外事部長さんが仕入れてくる倣古の作品は、

どこを探したらこんな作品があるのだろうと眼を見張るような品ばかりです。

私の教養では、残念ながらまだ理解できていないことがたくさんあって、

皆さまにその凄さや素晴らしさをお伝えしきれていないのが残念です。

とくに、Honghai blue&goldの作品は、メーカーの既成品を仕入れているのではないので、

仕入れというよりも、プロデュースと言ったほうが良いかもしれません。

外事部長さんの深い教養と美意識、それに基づいた厳しい指導があってこそ、

出来上がっている作品たちです。

全身全霊で歴史に残る良い作品を作ろうとしている外事部長さんと、

素直に素朴に、そして真摯にそのアドバイスを受け止めるHonghai blue&goldの職人さんたち。

いずれにしても、常に真剣勝負で、ご自分の持てる力のすべてを使って作っておられる、

そんな作品を扱わせていただいていることを本当にありがたく思っております。

 

そして、そうした素晴らしい作品を扱わせていただくからには

それらから学び、私自身も少しずつでも成長し、

より深く作品を理解して皆さまにご紹介していけるようになりたいと思っております。

まがりなりにもプロとして販売をしている以上、こういう書き方は良くないのかもしれませんが、

正直、まだまだ至らぬところは多々あることかと存じます。

しかしそれでも、作り手の方々や作品に育ててもらっているという機会に感謝しつつ、

その成果を、皆様にもお届けできるようになっていきたいと考えております。

まだまだ道のりは遠いのかもしれませんが、

長い目で見守っていただければ、幸いです。

Honghai blue&goldー景徳鎮200年の眠りから覚めた最高級の舶来品

IMG_0731_R.JPG

Honghai blue&gold(鴻海[ホンハイ])は

景徳鎮でも唯一を誇る総手工による最高品質の伝統食器専門工房です。

世界的に主流の量産素材と工法を一切排し、

敢えて製造難易度の高い伝統素材と工法を使って

「食に優しい美食のための器」を富裕層に向け送り出してきました。

 

最高の景徳鎮とはデザインのみならず、

食の味わいに直結した器。

これは歴代皇帝が選んだ景徳鎮窯ならではの、

不文律が全盛期以降200年の眠りから覚めたものです。

「茶渋や油がこびりつかない。」

こんな簡単なことひとつをとっても衛生にも直結しています。

料理が冷めにくく、水の味を優しくまろやかにする

本来本物の磁器はスープやソース、お茶の味にも直結するのです。

 

原料が採掘され工房に入ると、

轆轤の形成から釉薬、

焼成など分業細分化された景徳鎮で

これらをトータルでこなせる職人二名と絵付師三名がかりで

一つの製品を丹念に時間をかけて生み出します。

ノルマはありません。

ただひたすら丁寧に作ることだけが求められます。

それだけに月にほんのわずかしか生産できません。

とても貴重なものなのです。

 

Honghai blue&goldの工場長、徐旺紅。

景徳鎮名門窯地主の家系です。

景徳鎮がすべて国営だったころの

美術品専門工場「芸術磁廠」の優秀な轆轤師でした。

 

絵付師のリーダーは周海英。

景徳鎮市高級美術工芸師です。

本来国の定める工芸美術大師(人間国宝)級の腕前でありながら

20代から高齢の師匠の大師の代筆を務めてきたため

個人作家としてのスタートは遅れましたが

無名の職人として四半世紀培ってきた経験と腕前はその作品が物語ります。

 

中国や中東の皇帝やスルタン垂涎の貴重な景徳鎮が

二百年の眠りから覚め今舶来します。

 

※Honghai blue&goldは日本向けの鴻海の通称です。

 Honghai blue&goldは景徳鎮、北京で現地人として20年無償援助で活躍してきた

  小雅外事部長でもある磁器プロデューサー藤原穣卿氏の改革により

  高級化が進められているものです。

  藤原氏の取り持つ縁で景徳鎮最高実力工房、

  小雅窯(景徳鎮阮氏陶磁文化有限公司)とは弟分の関係になります。

  技術や情報の相互の供与関係にあります。

  両工房ともに現代景徳鎮が世界に誇る最高の磁器を送り出すものです。

 

Honghai blue&goldの作品はこちらでご紹介しています。