ホーム>2013年6月

2013年6月

色絵と青花、組み合わせる愉しみ

IMG_0421_R.JPG

器は、セットでそろえて使いたいとお考えの方も多いかと思います。

また、白い器でシンプルなものが一番とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

でも、ちょっと柔軟に考えて、いろいろと組み合わせてみませんか。

 

色絵の杯と青花(染付け)の茶壷も合わせてみると、

テーブルの上で違和感なく調和します。

一つ一つ集めた作品を、ご自分のセンスで組み合わせて愉しむ。

いろいろと組み合わせてみながら、

毎日の生活を彩っていただくことで、

思いがけない組み合わせが素敵になることを発見してみたり。

ぜひ、固定概念をなくして、より自由に、

色絵や青花の組み合わせを愉しんでみてください。

迎茶からのご提案、おすすめです。

きっと、そのほうが茶器や器への愛着も増すことと思います。

販売できる小雅のポットはあと2個になりました

d0082972_17215172.jpg

先日1個お買い上げいただいたので、

販売できる小雅の茶壷はあと2個になってしまいました。

久しぶりに手にとってじっくり見てみるとやはり素晴らしい胎と絵付け。

さすが景徳鎮高端(ハイエンド)作品の先駆者です。

茶杯は今後も少ない数でも、新作をご紹介できる予定ですが、

茶壷の上級の作品は、中国本土でコレクションアイテムとして絶大な人気があり、

聞けば誰でも知っているような有名人や政府高官の方々が

こぞって購入を希望されている品薄な状況で、

新作は日本でご紹介できる機会がなくなってしまいました。

価格も、中国本土で驚くほど高騰していますので、

実は残っている2個の茶壷はとてもお買い得なんです。

ご興味のある方はぜひご覧になってくださいね。

小雅の茶壷のページはこちらをクリックするとご覧いただけます。

今後は、次の高端(ハイエンド)作品、ホンハイ工房の茶壷をご紹介していきます。

ホンハイ工房の作品はますます上質に、優雅になってお目見えする予定ですので、ご期待ください。

チャイナペインティング-最初の完成作品

チャイナペインティングの最初の作品が完成しました。

大まかな絵付けをしたら、一度焼いて、

その上に仕上げの絵付けをして、線描で細かい部分を描いたら、

2度目の焼成で出来上がりです。

20130620_2_R.JPG

お恥ずかしいですが、画像を載せますね。

線描が本当に難しいです。

仕上げの絵付けの上に描くので、間違えられないし。

筆先がはっきり見えないと描けないこともわかりました。

めがねをかけて描くと、見えにくくて描けないので

めがねをはずして眼を近づけて描いて完成させました。

なるほど、景徳鎮の青花の上級の絵師が

(細かい線を描かなければならないので)

35歳くらいで眼が利かなくなって引退するのが理解できました。

面は何とか描けても、線は見えないと描けなくなるんですね。

 

次の課題はアネモネのフラワーブーケ。

最初は鉛筆で下書きをして、まずはアネモネから色を入れていきます。

ここでも、線描が難しい!

筆の入り始めは細く、途中を少し膨らまして細く抜く。。。

これは練習をつまないと無理だなぁ。今後に期待です。

アネモネの1回目の画像も載せておきます。

難しかった線描は、紫色の部分です。細かいでしょ。

20130620_1_R.JPG

本釉裏紅の杯、豆彩の杯をセールに追加しました。

IMG_0289_2_R.jpg

先日から開催している初夏の謝恩セールに、

本釉裏紅の杯2個と、豆彩の杯5個を追加しました。

 

本釉裏紅の杯は、今まで以上に発色が良く、特におススメです。

本釉裏紅は、作れる工房が大変少ない上に焼成がとても難く、

少ない作品の中から少しずつ分けていただいていました。

その工房が大きい作品のみを作るようになるとのことで、

茶杯などの小品の製造を中止する動きがあったのですが、

なんとか続けて小品も作るということで、製造再開することになりました。

それでもたくさん作られるわけではないので、希少であることには変わりないのですが、

製造再開を記念して、初夏の謝恩セールで特別価格でご紹介します。

 

また、豆彩の杯は大変繊細な絵付けの杯ばかりで、これもおススメです。

豆彩は、青花(染付け)で釉下に絵付けして焼き上げた後に、

色釉薬で彩色を施し低温で焼成した、手の込んだ絵付けです。

この工房の作品は青花の絵付けが大変繊細で彩色も美しく、

また、今後は手に入らなくなる希少性の高い品ですので、

この機会にぜひコレクションに加えていただきたいと思います。

 

初夏の謝恩セールはこちらをクリックしてご覧下さい。

高端(ハイエンド)全手工のデミタスカップが特別価格です

IMG_7057_R.JPG初夏の謝恩セールでご紹介しているホンハイ工房のデミタスカップ&ソーサー。

先行してハイエンド景徳鎮ブランドとなった小雅の作品は、

中国本土でVIPの御用達磁器となり上級新作はほとんど民間では手に入らなくなりました。

このデミタスカップを製作しているホンハイ工房は、

ハイエンド景徳鎮を民間にも出したいと

小雅と国際景徳鎮岩手焼成試験場が新たに協力して

高端(ハイエンド)化を成功させた窯元です。

工場長は景徳鎮の歴史ある名門窯元出身。

絵付け師は景徳鎮市指定の高級美術工芸師(県重要無形文化財相当)です。

このレベルの作品が日本のデパートなどで販売されれば、

小売店頭価格は30万円相当になるでしょう。

また、金の価格が高騰していますので、

ハンドルをすべて金でおおった包金装飾のタイプの日本での販売は

このロットで最後になるかもしれません。

これほどレベルの高い、希少な作品を特別価格でご紹介するのは、

ぜひ本景徳鎮の高端(ハイエンド)作品をお試しいただきたいからです。

使ったときの肌合いのなめらかさ、

口当たりの良さ、抜群の安定感、

お皿とカップがあたったときの柔らかで心地よい音。

一度お使いいただければ、

ホンハイ工房の作品の素晴らしさを実感していただけることと思います。

この機会に、ぜひどうぞ。

初夏の謝恩セールはこちらからご覧いただけます。

初夏の謝恩セール、始まりました。

昨日予告した初夏の謝恩セールが始まりました。

 

まずは、使い勝手の良い浅絳彩の茶壷。

この価格で、全手工の茶壷はなかなか手に入らないものですので、オススメです。

丈夫な胎で日用使いに活躍すること間違いありません。

 

ホンハイ工房のデミタスカップ&ソーサー、まずは3個をセールでご紹介します。

このデミタスカップを使うととても心地よいんですよ。

杯とお皿があたるときの音がしっとりとしていて、柔らかい。

お茶を飲んだときの口当たりがやさしい。

お茶の味もまろやかでおいしいんです。

ぜひ一度お使いになってみてください。手放せなくなります。

追加であと3個でそれぞれデザインの違うデミタスカップ&ソーサーをご紹介します。

そちらもぜひご覧ください。

 

初夏の謝恩セールはこちらをクリックしてご覧ください。

数に限りがありますので、早めにご検討くださいね。

【予告】初夏の謝恩セール、開催します!

初夏の謝恩セール、始まりました。ぜひご覧ください。

 

裏方担当のTです。

 

今回は、初夏の謝恩セールのご案内をさせていただきます。

開催は、明日6月7日からとなります。

いずれも人気のある商品ですので、かなりお得な機会になるかと思います。

 

 

まず、全手工浅絳彩茶壷のシリーズ。

 

お手頃な全手工の茶壷、浅絳彩シリーズ。

こちら、35000円のところを、28000円でのご提供です。

詳しくはリンク先の記事をご覧になっていただきたいのですが、

堂々たる胎の茶壷が全手工でこのお値段というのは、貴重だと思います。

少し大きめのほどよい大きさで使い勝手もよく、オススメの品です。

 

 

つづいて、ホンハイ工房のデミタスカップのシリーズです。

本景徳鎮総手工青花本金彩乾隆花卉文有耳英国杯・托

全手工青花デミタスカップ、ラサの華茶壷が入荷しました。

力強い絵付けの龍文デミタスカップ

これらの記事にてご紹介した作品のうち、在庫があるものがセール対象品となります。

価格は、以下のとおりになります。

150000円→120000円

120000円→98000円

98000円→80000円

 

いずれも、様々な用途において、生涯ご愛用いただけるものばかりですので、

この機会に、ぜひともお買い求めいただければと存じます。

 

それでは、明日の開催に先駆けまして、ひとまずお知らせさせていただきました。

明日からのセール、どうかよろしくお願いいたします!

名人の技が光る「青花柴窯名人胎高足杯」

ネットショップにアップした「青花柴窯名人胎高足杯」の画像です。

 

名人のろくろの技が光る、抜群の安定感。

重心の低さに驚きます。

柴窯(薪窯)のしっとりとしたなめらかな手触りも心地よい杯です。

幾何学模様でありながら、深みと温かみのある絵付けは本染付ならでは。

ぜひ、お手元でお確かめいただきたいところです。

 

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

IMG_0210_2_R.jpgIMG_0212_2_R.jpgIMG_0260_2_R.jpgIMG_0211_2_R.jpg

景徳鎮からの新着茶器の画像です。

昨日文章のみでご紹介した景徳鎮からの新着茶器の画像をご紹介します。

ご覧下さいね。

実物をご覧になりたい方は、ご予約を受け付けておりますので、

こちらをご覧ください。

 

【画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます】

IMG_0346_2_R.jpg

 

IMG_0352_2_R.jpg

今回の目玉の一つ、「老料柴窯琺瑯彩燕図工夫杯」。価格は16万円です。【SOLD OUT】

 

IMG_0365_2_R.jpg

IMG_0364_2_R.jpg

こちらもオススメ。「老料柴窯琺瑯彩安居図杯」。

カオリンを含んだ胎が美しく、古典に忠実に描かれた鶉の絵付けが素晴らしいです。価格は、13万円。

 

IMG_0361_2_R.jpg

IMG_0362_2_R.jpg

この杯もカオリンを含んだ胎の作品。「老料柴窯琺瑯彩石榴図杯」。

琺瑯彩(ほうろうさい)で描かれた石榴の実が美しい杯です。

石榴とともに描かれているのは、黄[麗鳥](こうり/コウライウグイス)と萱草(かんぞう)です。価格は13万円。【SOLD OUT】

 

IMG_0372_2_R.jpg

「老料柴窯粉彩西藏七尊八寳杯」。

今回の杯は薪窯焼成です。チベットの神様と宝物が描かれたありがたい杯。価格は16万円。

 

IMG_0368_2_R.jpg

今回の私のお気に入り「老料柴窯粉彩百花図杯ペア」。

画像ではお伝えできないくらい綺麗な杯です。

同じデザインなのですが、細かいところが違っていていつまで眺めていても飽きない作品。

この杯は絶対ペアでお求めいただきたいです。ペアで26万円。

 

IMG_0383_2_R.jpg

パステル調の絵付けが美しい「老料粉彩花鳥図杯ペア」。

ガス窯焼成なので、お求めやすくなっています。ペアで11万円。

1個でも販売します。その場合の価格は58,000円。3ペア、6個在庫があります。

 

IMG_0376_2_R.jpg

上の柄違い「老料粉彩花鳥図杯ペア」。

ペアで11万円、1個の場合は58,000円。4ペア、8個在庫があります。