絵付け・素材

絵付けのヒント

絵付けのヒント
  ある絵付けを見て、どう感じるか。 少しヒントをもらうと、同じ絵が全く違うものに。 立体に描く絵付けと平面に描く絵は本当に違うということ。 今日の講義でした。  

欧州の伝統的な図案の復活を願って

欧州の伝統的な図案の復活を願って
  一年以上前からヤフオクで見ているマイセンのカップ&ソーサーがあります。 すごく素敵だからすぐに売れてしまうと思っていたのですが、まだヤフオクに出てる。 しかも出品のたびに安くなってる。 とても残念なんです。…

山水図は永遠の憧憬

日本では、地味な絵と思われるためか、 なかなか注目されない「山水図」。 中国本土では、山水図専門の工房があるほど人気の絵柄です。 この浅絳彩の茶壷に描かれている山水図は、 特に美しく、静謐として文人好みの絵付けです。 中…

「本染付け」秘伝の絵の具

ホンハイ工房の茶器の絵付けに使われている本染付けの絵の具は、 絵の具を売るお店などでは売られていない特別なものです。   代々受け継がれた秘伝の絵の具。 最近の染付け絵付けを施した磁器には 本染付けの絵付けはほ…

老料は清の時代を継ぐ絵の具

迎茶の商品の説明でよく登場する「老料」の絵の具。 他ではあまりご覧になったことのない言葉かもしれません。 老料とは、天然の鉱石を使って 清の時代の製法で作られた粉彩の絵の具のことで、 ごく限られた工房で使われているもので…

とても希少な本景徳鎮の蓋碗

以前にも何度かご説明ましたが、 本景徳鎮全手工(総手作り)の蓋碗は、 どうしてそんなに希少なのでしょうか。 蓋碗そのものは、中国茶器を扱っているお店でたくさん売っています。 たくさんあるのは、型抜きで形成した蓋碗です。 …